感動としあわせの家づくり物語 - 2010/07/12

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年07月12日(Mon)▲ページの先頭へ
室内換気の重要性
人間が生きていく上で最も重要なものの一つは空気です。私たちの生命は、この空気の中に含まれている酸素を吸入し、新陳代謝を促すことで保たれています。

換気の重要性は室内の空気環境を守ることであり、計画的な換気を考えずにただ気密化を高めると不快な環境になります。

建物の気密化と計画的な表裏一体のもので両者を切り離して考えることはできません。

計画的な換気を行うことより次のような目的が達成できます。

【新鮮空気の供給と空気汚染の排出】
人の呼吸や燃焼器具の使用などによって発生する二酸化炭素、一酸化炭素など、有害な汚染ガスを排出し新鮮な空気を取り入れて、衛生上、健康維持に必要な環境を作ります。

【室内空気の清浄化】
室内では衣類、布団や絨毯からのホコリ、その他のチリや、トイレ・ゴミ・人体・喫煙・調理などによる臭気を室内から排出し、衛生的で快適な生活環境を作ります。

【熱や水蒸気の排出】
台所のレンジ・冷蔵庫や浴室などで発生した不要な水蒸気を屋外に排出します。冬期間、発生した水蒸気を適正に排出しなければ室内空気中の水分はどんどん増えて結露の原因になります。

このような事からも住宅の換気がいかに重要な物かわかりますね。

昨日は日曜日でしたが夕方より某ゼネコンさんの依頼で倉敷の自動車学校へいってきました。

今回の工事は使用しなくなった机と椅子の撤去と言うことで2時間くらいの作業でしたが、小雨の降る中での作業となり温度も湿度も高くかなりしんどい作業となりました。

写真は昨日私が仕事に出かける前に、娘達がかき氷を作っている所です。

いつもは3人で協力して何かをする姿を余り見る機会がないのですが、今回のかき氷を作っている時の彼女たちは三位一体です・・・

長女がかき氷の機械を使い、次女がシロップとミルクをかける、三女は冷蔵庫より氷を運ぶ係りです。

最後はもちろん「多い、少ない」で長女と次女が言い合いに・・・最後は長女の訳の分からない説得に納得した次女でした・・・

そんな中、黙々とかき氷を食べながら二人の言い合いを見守る三女が一番大人にみえました。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年7月
       
12

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:210
昨日:198
累計:1,669,677