感動としあわせの家づくり物語 - 2010/12/14

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年12月14日(Tue)▲ページの先頭へ
木のクィーンと呼ばれる厳選されたタモ材
今日は現場を離れ、溜まっている事務処理に追われる一日になりました。

昨日フローリングを2階に上げる作業で右手が筋肉痛になり腕が伸ばせず・・・

去年まではこんな事はなかったのにと、日頃の運動不足か年齢のせいなのか何だか寂しい気持ちになりますね。

しかし腕は痛くてもパソコンのキーボード位はバシバシ打てます。

明日に行うマンション改修工事の必要資料を作成したり、岡山市で計画している民家のトイレリフォームの見積書を作成。

こちらの書類ができれば後は事務仕事の方は楽になりそうで少し肩の荷がおりました。

写真は加工場でしんちゃんが新築現場の木材の加工をおこなっています。

こちらは10cm×15cmのタモ材で玄関の上り框を制作しています。

こちらのタモ材、硬くて加工はややしにくいのですが、独特の伸びやかな木目を持ち柾目部分はとても綺麗な仕上りになるのです。

最初は白い色をしていますが歳月を経るなかで段々と深みを増していきます。

こちらのタモ材、木のクィーンと呼ばれ時には美麗な杢を有するものもあり、当社が玄関框として使用するのはこの選ばれた部分を使います。

他にも家具や内部造作材、面白いところでは硬式野球のバットととしても使用される幅広い用途をもった良材です。

もちろん当社のお薦めの洋風材料の一つです。

近日中にはこちらの玄関框も現場で取りつけされるので、今からとても楽しみです。




   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年12月
     
14
 

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:338
昨日:307
累計:1,656,718