感動としあわせの家づくり物語 - 2010/12/21

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年12月21日(Tue)▲ページの先頭へ
家の末っ子長男、けいくん
今日は雨の降る火曜日になりました。

私は1人、倉敷の庄での新築工事現場で昨日同様にフローリングの施工を続けています。

広い新築現場内で1人、黙々とフローリングを貼っていると・・・

雨で外が暗いせいもありますが時間の経つのが「早いのか?」、「遅いのか?」分からなくなり・・・

時間の感覚のなくなる妙な錯覚に襲われます。

頭の中を真っ白にして無心でおこなう作業・・・

ハッ!と思い気がつくと1階のフローリングもほとんど貼られていた事と時間がとても進んでていた事に気がつきます。

もしかしてこれが「無の境地では?」と、訳の分からない事を思いながらも一気に疲労感に襲われ先ほど帰社。

明日は以前から計画のあった倉敷市内への手摺の取付にでかけなくてはと、明日の準備をしておきました。

写真は、先日の日曜日の午後から長女が今月から始めた地域の子供バレーボール教室の親子バレーなるイベントに参加した時のものです。

私はバレーボールは未経験・・・全く自信もないのです。

しかし妻が経験者という事で親子バレーでのプレイは妻に任せて、私は末っ子長男の面倒を見ています。

午後4:00・・・昼寝をしていなかったせいで眠くてグズグズと・・・

抱っこして揺らす事10分・・・寝させてしまえば、後は楽ちん。

こんなボールを入れるワゴンの中でも彼は寝れるのです。

ボールの上に寝そべり周りのみんなにワイワイ言われながらも起きることなく寝続ける彼。

もしかすると将来、彼は「大物」になるのかもと期待してしまいます。

そうでなければ「何者?」と聞かれるくらいでしょうか・・・



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年12月
     
21
 

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:194
昨日:322
累計:1,664,012