感動としあわせの家づくり物語 - 2010

生活・仕事・想いについて




[PR]



2010年07月03日(Sat)▲ページの先頭へ
敷地と道路の関係
建築基準法では建物を建てるために、敷地が道路に2m以上接していなければならないと定めています。

この場合の道路とは幅員4m(地域によっては6m以上の場合もあるようです)の公道や指定された私道のことです。

家を建てる場合は、給水管、下水管、ガス管などを埋設する必要もあるので、安全、防火、衛生面からも最低限必要な幅らしいです。

また、2mの幅というのは車1台が敷地に入っていくための最低必要な寸法ともいわれています。

今日は午後より倉敷も大雨が降りましたね。

倉敷の天城方面で工事していた弊社のスタッフも午後より会社の方へ帰ってきました。

私は会社にて岡山市で計画している外装改修工事の見積の方を行なっていましたが、今日は土曜日の為か来客もなく作業がはかどりました。

こちらは来週頭には提出できそうなのでもう暫くお待ち下さい。

写真は加工場の方でまっちゃんが木材の加工を行なっている時に撮ったものです。

プレーナーをかけた後、幅広の檜材を丁寧に手作業で仕上げていってくれています。

写真のような見事なカンナくずが出るのはカンナの台や刃の調整もでしょうが、やはり道具の手入れによるものでしょう。

こちらのまっちゃん、毎週のようにノミやカンナなどの刃物を研いでいて、どの道具もキチンと手入れしてあります。

いつも道具を大切に扱う姿は私も見習うべき所です。



2010年07月02日(Fri)▲ページの先頭へ
色々な敷地に対応できる木造住宅
家づくりで一番に前提となるのが計画している敷地、立地の条件ですね。

必ずしも整った形状の敷地ばかりではありませんね。

例えば、狭小地や変形敷地など厳しい条件にでの家づくりを考えなければならない場合もあります。

また、建築基準法や都市計画法、各地域の条例によって定められた建ぺい率や容積率の問題もあります。

しかし、このような様々な敷地条件にもひとつひとつ考慮しながら要望に細かく応えていけるのも木造在来工法の特徴だと思っています。

今日は倉敷の平田付近へ天井の点検口を取付に行ってきました。

天井に45cm角の穴を開け、木材で補強を入れてから蓋を付ける作業です。

こちらは順調に工事完了。

点検口があれば何かとメンテナンスの時にも役立つので便利ですね。

午後からは玉野市で計画している改修工事と妻の知り合いから依頼された物干場の新設の見積を作成しています。

早ければ明日にでも提出できればと思っています。



2010年07月01日(Thu)▲ページの先頭へ
腹八分に医者いらず
「腹八分に医者いらず」という言葉があります。

これは読んで字のごとく満腹になるまで食べない方が健康に良いという先人の知恵ですが、これを科学的に検証した実験が報告されていました。

某大学教授の研究でマウス(ねずみ)による実験結果ですが、食べる量以外は同じ環境を作った上で一定量のマウスを半分に分けます。

半分のマウスは食べ放題、飲み放題の環境で飼育、残り半分は食事量を80%に制限して飼育し、それぞれの平均寿命を比較するといったものです。

それぞれの平均寿命は食べ放題、飲み放題の環境にあったマウスが74週でした。

しかし、食事量を80%に制限されたマウスはなんと122週という数値が出たのです。

この実験はマウスの場合ですが、腹八分の食習慣は長生きという結果になったのですね。

今日はいよいよ本格的に事務所にて事務の仕事を行ないました。

そんな中、5年くらい前から使っていたプリンタがついに調子が悪くなり修理か買い替えかと悩んだ結果、とうとう新しいプリンタを購入しました。

購入したと言っても私自身、パソコン関係の事は全く分からないのでいつもお世話になっているパソコンスクールの方にお願いして購入&接続してもらいました。

長く書類を印刷し続けてくれた先代のプリンタが無くなるのは少し寂しいですが、今日からは2代目のプリンタでガンガン書類を作っていきますよ。

写真は夕方、会社に長女が遊びに来た時に撮った写真です。

左は私の母ですが、この二人は上記の実験結果から考える腹八分からは程遠い二人です・・・

「後で後悔しないよう食べる時は全力で」を実践している二人です。



2010年06月30日(Wed)▲ページの先頭へ
木造在来工法はライフスタイルの変化に対応しやすい?
新しく住まいを計画する時に、良く考えておきたいのが将来の家族構成とライフスタイルの変化です。

長い歳月の間に、こどもの誕生や勉強部屋を作って上げたい、さらにもっと先では2世帯、3世帯住宅への変化などに対応する増改築のニーズに幅広く対応できる家づくりを考えておきたいですよね。

木造在来工法は、柱と梁による骨組を主体にしている工法なので、増築のために外壁を貫くことも容易ですし、場合によっては柱を取り除く場合にも梁を補強することで可能になりますし柱の位置を変えることも可能です。

木造在来工法はこうした将来のライフスタイルの変化にとても有利だといえるでしょう。

午前中、倉敷市内でヤギリ換気口に張ってある網が破れて、屋根裏にスズメが巣を作って困っているとの依頼があり現場に行ってきました。

写真の木格子の後ろに網を張ってあるのですが、古くなった為以前の網が破れていたので新しい網と交換しました。

前回の網は鉄製でしたが今回はステンレスの網を張っておいたので今後は当分網の張替のメンテナンスが要らないと思いますよ。

余り目立たない部分ですが、こういった部分をキチンと施工しておくことで将来的なメンテナンスの費用を少なく抑える事も出来ると思います。



2010年06月29日(Tue)▲ページの先頭へ
家づくりの夢を形に
人の数だけイメージがあり家族の数だけライフスタイルがありますね。

さらには、住まいに対する夢もひとそれぞれに異なりますね。

つまり家づくりにおける理想の形は百邸百様の広がりがあるはずです。

ただ、木造在来工法と耳にすると、和風の外観デザインを思い浮かべる方は今でも少なくないと思います。

しかし私たちがつくる木の住まいはお客さんの要望を形にする注文住宅です。

このような様々な希望に対応できる柔軟性はプラン計画だけでなく外観デザインにもあてはめる事ができます。

住まい手の個性を自由に表現でき外観デザインの豊かさは注文住宅の大きなメリットでもあるはずですよ。

しかも、将来的なリフォームの時にも柔軟に対応できるのは魅力的ですね。

今日は岡山市の藤田と同じく玉野市で工事計画のある物件へ見積の為の現地調査へ行ってきました。

国道30号線沿いに南、南へと現場伝いに移動していきました。

こちら玉野には本当に久しぶりにきたのですが、どこか昔を思い出す情緒ある町並みや景色がありました。

写真は午後より窓の改修工事の片付けに周りましたが、こちらも塗装屋さんが仕上げの塗装を行なってくれていて、塗装の仕事もバッチリでした。

私の机の前に書類が随分置かれているようなので、明日は本腰入れて事務仕事の方を行なっておかないと・・・

今夜はサッカー、ワールドカップ決勝トーナメント日本VSパラグアイ戦ですね。

とにもかくにも勝つ事で明日、日本中を湧かせて欲しいですね。

勝てば官軍負ければ賊軍と言う言葉もありますね。

どんな形でも勝てば世間の評価は高評価ですし、負ければどんな良い試合をしても必ずどこか批判を受ける事に・・・

高度な戦術、高度な技術よりも、日の丸を背負って戦う彼らには貪欲に勝ちにいく姿を日本中に見せてくれる事を期待します。



2010年06月28日(Mon)▲ページの先頭へ
肥満を改善する理由
肥満を改善する理由はより大きな病気を招かない為と、ほとんどの人は理解していると思います。

しかし、肥満自体には具体的な症状もなく、対処も継続的なために疎かになる人も多いのかもしれません。

肥満を持っている人で、高血圧・糖尿病・脂質異常症のうち少なくても一つを合併している人は約80%にものぼる調査結果が報告されています。

さらにこれらの病気が2つ又は3つ重なっている人は33%にもなるそうです。

肥満を招く生活習慣はこれらの病気をも招き、さらに同時に複数の病気になってしまう原因にもなるそうです。

まさに「肥満は万病のもと」のようですね。

最後に肥満の隠れた原因にストレスがあることも知っておいてください。

今日は倉敷で窓の改修工事の為、現場に行ってきました。

先週からの天気予報だと今日は雨の予報でしたが、朝起きると天気もよく予定通りに工事着手できました。

しかし、湿度が高い為か作業の方はかなりしんどかったです。

今日は早めに帰宅して体を休めておきたいと思います。

写真は昨日、高校の頃の同級生と久しぶりに遊んだ時に、友達の家にあった手作りの滑り台です。



作りもなかなかの物ですが、子供のために友達が手作りで作ったと言う過程がとにかく立派だと思いました。

折角なので私の娘たちも滑り台を使わせてもらいましたが、世界に一つしかないこのオリジナルの滑り台に娘たちもとっても嬉しそうでしたよ。

こちらの友人、他にも家族の為に写真のデザイン壁や木塀をつくったり、タイルでテラスを作ったりと様々な物を作ってくれて奥さんや子供たちも幸せですね。

私も少しは見習わなくては・・・また、夏には一緒に遊びましょう!





2010年06月26日(Sat)▲ページの先頭へ
肥満と遺伝
両親が肥満の場合はその子供の約70%に肥満があるという報告があります。

確かに高確率で肥満になるようですが、「肥満は体質遺伝するものだから、どんなに注意しても仕方がない」という開き直りは大きな誤りです。

実は肥満の原因は、遺伝が2〜3割、環境が7〜8割といわれています。

最近では体重をコントロールする肥満遺伝子が発見され、親から遺伝するのは、この「太りやすさ」と考えられています。

つまり、太った体が遺伝するのでなく、育っていく生活環境によって太っていくのでしょう。

肥満の両親の子供が肥満となるのは、両親を肥満させたのと同じ生活環境でいっしょに生活するからと理解するのが正しいでしょう。

そうして考えると環境を変えていくことでほとんどの場合、解消されると考えられています。

私も最近、久しぶりに会う人に「あー、太ったね」などと言われる事もしばしば・・・

自分では余り太ったという意識がないのですが確かに体重計に乗ってみると体重が増えています。

自分の意識のない所で徐々に体重が増えてくるのは、とてもマズイと思うので適度な運動と定期的に体重計に乗る癖を付けたいと思っています。

写真は私の弟の三ちゃんです。

数年前までは弊社に勤務していた為、当時から弊社とお付き合いのある人は知っている方もおられると思います。

我が弟ながら彼の行動力には目をみはるものがあり、私の知っている人たちの中でも行動力の高さは3本の指に入るほどです。

結果云々よりも様々な事にチャレンジする姿は当時、私自身も彼から多く学ばせてもらいました。

明日は休日、久しぶりに高校の同級生と遊ぶ約束をしたのですが、天気の方はどうなることでしょう?



2010年06月25日(Fri)▲ページの先頭へ
「エコ(ECO)」って何?
エコ(ECO)とは環境の「エコロジー(ecology)」と経済の「エコノミー(economy)」に分けられるようです。

環境の「エコロジー」には生物学や人間と自然環境・物質循環・社会状況などの相互関係を考える科学という意味があるようです。

一般的には環境に配慮した生活スタイルや地球にやさしいされる科学技術、企業や市民が行なっている活動まで幅広い意味で使われています。

現在、このエコ(ECO)が私たちの暮らしの中でも大きなキーワードになっている事は間違いないでしょう。

先日、身内の告別式に参加するため喪服を着る事がありました。

朝9:30頃、式場へむかう途中で立ち寄ったコンビニでの出来事ですが・・・

コーヒーとガムを持ってレジで支払いをしている時に30代前半くらいの男の店員さんが私に言った言葉が「ジャンボフランクがお安くなっていますが、いかがですが?」

もちろん断っておきましたが、私の率直な感想としては「何故?喪服を着ている私にフランクフルトをすすめるのか?」

最近、この手の台詞を良くコンビニで聞くのですが、コンビニでのマニュアルなのか店長からの指示なのかは分かりませんが相手の服装や格好をみれば分かるのでは?と思ってしまいます。

せっかく言葉を通して相手に想いを伝えようとしているのですが、その言葉に気持ちが無いのは寂しいですね。

1969年後半から1970年前半に誕生したと言われるコンビニエンスストア。

現在では全国に4万店ほどコンビニがあるといわれています。

大変便利なお店として全国に数多く出店されていますが、これからもっと地域に根ざしたお店になってくれることを期待していきたいと思います。

写真は以前、トステム岡山ショールームさんでのイベントの時の写真です。

べっこう飴を子供たちが作っているのですが、このべっこう飴、砂糖大1杯・水少々

火で炙ると黄金色の飴が出来るそうです。



2010年06月24日(Thu)▲ページの先頭へ
介護保険制度を利用した住宅改修?
要介護認定を受けた人はお住まいの市町村の介護保険窓口に住宅改修の申請を行い、認められると手摺の取付、床段差の解消など、住宅の改修工事費用の一部が介護保険から給付されます。

ただし、給付上限額20万円のうち1割は自己負担になります。

介護保険制度とは寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)や常時の介護までは必要ないが、家事などで支援が必要な状態(要支援状態)になったときに、状況に応じて保健・医療・福祉のサービスを総合的に受けられる制度のことです。

ただし、65歳以上および40歳以上64歳未満の医療保険(国民健康保険や会社の健康保険など)の加入者が対象です。

詳しいことは各市町村の介護保険の窓口で聞いてみてください。

写真は先日、加工場でまっちゃんと小野くんが造作材の加工をおこなっている時の写真です。

粒浦で建設中の物件ですが、外壁を焼板で仕上たり窓に木製の格子を付けたりする計画になっています。

少し古いデザインのようにも思いますがこの倉敷では美観地区に代表されるように長く使われてきた素材なので私自身はとても好きな外装です。

蒸し熱い日が続きますが体調管理には気をつけて今週ももうひとがんばりしましょう!

今夜はサッカーワールドカップ、グループリーグE組最終戦、日本VSデンマーク戦ですね。

深夜3:30頃からと言うことでテレビを見ながらの応援はしんどいですが、勝つか引き分けで決勝トーナメント進出です。

負けるな日本!



2010年06月22日(Tue)▲ページの先頭へ
若い世代が作る新方言って?
若い人の言葉に耳を傾けると独特の表現が聞こえてくることがあります。

中国地方や四国地方の若者に共通する「〜んくなった」もその中の一つです。

「行けなくなった」を「行けんくなった」や「できなくなった」を「できんくなった」と言います。

これは共通語の打ち消しの言い方の「なく・ない」の代わりに方言の打ち消しの「ん」を使っているのですが、「行けんなった」とは言わず、もとの言い方をまねて「行けんくなった」というのでしょう。

また、面倒なことを「めんどい」、うっとうしいを「うっとい」などと変えたものもあります。

「とても・すごく」の意味の「ぶち」も今では広島、山口の方言として知られていますが、実は70年代に生れた比較的新しい言葉なのだそうです。

もちろん全国共通の若者ことばというのもありますが、こうしてみると仲間内で流行った言葉がいつの間にか定着してその地域で普通に使われ始めたらそれはもう方言といえるのではないでしょうか?

このように言葉は時代とともに確実に変わっていくものだと思えますね。

なんにしても暮らしの中から生れた、ぬくもりのある言葉、「方言」愛着を持って使い続けていきたいと思います。

今日は午後より倉敷で新築予定のお客さんと一緒に住宅設備を見に岡山のトステムショールームさんに行ってきました。

こちらのショールームではキッチンはもちろん、ユニットバスからトイレまで見る事ができ、実際につかう器具を見てもらい色々と決めていただきました。

特にキッチンは奥さんの城、器具決めから色決めにいたるまで力も入ります。

デザインもですがやっぱり使い勝手が気になりますね。

様々な日常のシチュエーションをシュミレーションしながら失敗しないシステムキッチンを選ばれていましたよ。

写真はショールーム入口に飾ってあった風船でつくった人形です。

丸い風船をつなげて作ったこの人形、とってもかわいいですね。



2010年06月21日(Mon)▲ページの先頭へ
あなたのふるさとの方言は?
発音などに大きな特徴のある方言もありますよね。

私が住む岡山県では伸ばす音が多用されます。

たとえば「えーてーゆーてーてー」は何だとおもいますか?

これは「会いたいと言っておいてね」という意味です。

ふるさとを離れて生活する人にはこんな独特の語り口に、ホッとするような温もりを感じることもあるでしょう。

しかし、残念なことに、時の流れの中で使われなく方言も少なくありません。

広島弁の「・・・がんす」や山口県の「・・・のんた」など、かつては方言の代表的な物と言われた方言も今では滅多に聞くことがなくなりました。

あなたのふるさとの方言もきっと素敵なものがあるはずです。それがなくなるのは寂しい気がしますよね。

地方の過疎化が進むこんな時代だからこそ、もっと方言を守って行くことが必要なのかもしれませんね。

今日は岡山から倉敷と現場をウロウロしていました。

天気は一日中、曇りでしたが私たち建築関係の仕事をする人たちには嬉しい天気だったようですね。

写真はそんな中、倉敷で予定しているファースの家新築工事現場へ計画建物の位置を決めに行った時に撮った写真です。

地縄を張ると図面では分かりにくい実際の建物の大きさが分かりやすくなりますね。

こちらの現場、少し駅からはなれていますが、静かなところでとても良い環境ですよ。







2010年06月19日(Sat)▲ページの先頭へ
あなたの街の方言は?
あなたは、改まった席や大勢の前で話をするとき普段使っている方言で話をしますか?

それともアナウンサーが話すような共通語で話そうとしますか?

方言の評価は土地によってまちまちです。

土地の言葉は深みがある、味があるなどの高い評価を受ける一方、分かりにくい、田舎っぽいなどの負の見方もされてしまいます。

そのため、共通語をまねて話すことが多くなり、長い間に少しづつ変化していくそうです。

しかし、最近では方言に対する見方が少しづつ変わってきているようです。

テレビでも方言を生かしたドラマや映画がヒットしたりなど、方言の魅力に改めてスポットが当るようになってきたと思います。

方言には共通語では表せない微妙なニュアンスやその土地の歴史や文化、人々の暮らしなどの背景があるようです。

たとえば、広島で使われる痛みを表す方言ですが「はしる」は歯の痛みなどの鋭い神経の痛みに使われ、「にがる」は腹痛などの重い鈍痛につかうそうです。

鳥取県の一部の地域では「畑仕事に行く」ことを「浜にあがる」と言います。

小高くなった砂丘地帯に畑があったことからこのような表現になったそうです。

あなたも方言を調べてみてはいかがでしょう。同じ土地でも知らない方言がまだまだあるかもしれませんよ。

今日は午前中、娘の通う小学校での親子参観日と言うことで私も参加してきました。

長女と次女の授業風景を見てきましたが、家ではまだまだ子供で一人では何もできないと思っていたのですが・・・

小学校での授業や休憩時間などでは、娘達が家では見せない一面も垣間見れてとても嬉しく思いました。

帰りも親子下校ということで娘達と一緒に帰り、交通の面での危険な場所などを彼女達と確認しながら帰りました。

写真はわが家から小学校の間に通っている山陽本線で電車が来たときに撮ってみたものです。

特急ということでもの凄いスピードで私たちの待つ踏切を通り抜けていきます。

遮断機が鳴りはじめてからの踏切通過は絶対しないように彼女達には十分伝えました。

「ただ危ない」や「ダメ」というのでなく、様々な事例や体験をもとに「例え話」を交えて話してあげることで話した内容が心に残りやすいので、大事な事や覚えておいて欲しいことは例え話を交えて話すと良いと思っています。

午後からは岡山の現場にいってきました。

湿度も高く、一日中蒸し暑い日でしたが職人さんたちの頑張りで現場の方も最終の追い込み状態にはいっています。

週明けにはこちらの工事も完成ですが、最後まで気を抜かないようにがんばりましょう!

今日はサッカーワールドカップ、日本VSオランダ戦と言うことで私も急いで帰宅して応援しようと思います。

「ガンバレ!ニッポン!」




2010年06月18日(Fri)▲ページの先頭へ
お返しの心の伝え方?
いただきものをした時に、あなたはお礼の気持ちをどのように伝えていますか?

「お返しは何にしようかな・・・」と考えている内に、時間が過ぎてしまったということはありませんか?

そんな時、先ずは「ありがとう」の一言を伝えることが大切ですね。

送り主は贈り物が届いたかどうか気になるものです。手紙や電話、親しい人ならメールでもかまわないでしょう。

「先日は・・・」で書き出す丁寧な文章や豪華なお返しも良いですが、感謝の気持ちはより早く伝えたいものです。

そして、もし次に顔を会わせる機会があれば、改めて一言感謝の言葉を添えると温かな心配りが感じられますね。

また、子供へのお祝いなどでは親が代わりにお礼を済ませるよりも、小さくても本人から直接お礼の言葉を伝える習慣をつけておきたいですね。

人とのお付き合いを学ぶ第一歩にもなりますね。

礼節が軽視されがちな昨今、形だけでなく、人と人との心を結ぶ方法として、私も今一度見直してみたいと思います。

今日は午後より生憎の天気となりましたね。

私も現場仕事は午前中で切り上げ、午後から工事の完了した現場のエコポイントの申請の書類を作成しています。

最初は面倒だと思っていた、エコポイントの申請書の作成も何度かこなしている内に随分なれてきましたよ。

しかし、なれたと思って作業していると思わぬミスが発生してしまう事がありますよね。

気を引き締めて、何度も見直ししておかなくては・・・

先週の日曜の午前中、リビングのソファーでゴロゴロしていると洗面所から妻の叫び声が!

何事かと思い、洗面所に急いでみると妻の携帯電話を残り湯の入ったままの風呂の中に、末っ子のケイが放り込んでいるではないですか・・・

急いで拾ったのですが、もちろん携帯電話が壊れてしまいました・・・

しかし、携帯ショップに行くと色々なアドバイスをいただき、教えてもらった通りにサービスコールをすると色々な補償サービスがあるのですね。

携帯電話が水没してもこの補償サービスを利用することで、数日後には同機種ですが新しい電話機と交換してくれました。

壊れた携帯に入っていたデーターも5000円程度で復旧してくれてましたよ。

しかし、今後は携帯電話の取扱には気をつけなければなりませんね。

写真は我が家のトイレに飾ってある正体不明の物体です。

ビンの中に入っているモノは娘と妻が何処からか購入してきた物なのですが、スーパーボールくらいの大きさで半透明な物体です。

触るとフニャフニャしているのですがいつも正体を聞くのを忘れてしまいます。






2010年06月17日(Thu)▲ページの先頭へ
溜めるお風呂の登場
江戸は水に恵まれていました。

神田上水と玉川上水の大きな2つの水系から水を引いて使えたからと言われています。

当時は川から引いた水は地中に埋められた樋によって、武家屋敷や江戸八百八町に給水されたといいます。

江戸は海に近く井戸を掘っても海水しか出ないため、水は水道から井戸へ配水されるシステムだったそうです。

このため、江戸の井戸は浅く竿の先に釣瓶を付けたもので汲むことができました。

こんな比較的水が豊富だった、江戸に始めて銭湯風呂が建てられたのは1591年、銭湯風呂は江戸っ子に大変気にいられ、わずか20年の間に江戸中に広まったとさせます。

当時の風呂は蒸し風呂より少し進化した「戸棚風呂」といわれるもので、浴槽の底に湯を溜めて下半身をひたし、上半身は湯気で蒸す仕組みで、現在の半身浴に近いスタイルでした。

燃料費や水の運搬代もバカにならないために、浴槽の底に入っているお湯は、大人の膝丈ほどだったそうです。

今日も岡山市で倉庫の新設工事の手伝いにいってきました。

現場の近くにマクドナルドがあるため、少し早めに会社を出発して朝マックを朝食がわりに・・・

そんな中、最近応援できてくれている大工さんの小野くん、3?才にして初の朝マックということで、エッグマックマフィンの美味しさに感動していました。

おかげで今日は朝マックパワーで作業もドンドン進みましたよ。

屋根の葺上げ材まで取り付ける所まで作業もすすみましたし、これで雨が降ってもひとまず安心ですね。



2010年06月16日(Wed)▲ページの先頭へ
入浴の習慣が根づいたのは?
鎌倉時代や室町時代になると、寺院だけでなく幕府も施浴をおこなうようになったといわれています。

吾妻鏡には、源頼朝の正室、北条政子の供養のために幕府が施浴を行ったという記述もあります。

室町時代には、日時を定めて庶民に風呂をふるまる「功徳風呂」も行われていました。

さらにこの習慣は個人にも広がり、風呂を持つ裕福な家は、近所の人々に風呂を振舞ったり、風呂の後に酒宴を開いて客をもてなす「風呂ふるまい」をおこなったそうです。

自宅に風呂を設ける余裕のない庶民は、村内の観音堂や薬師堂で風呂を沸かして、その後に持ち寄った酒やさかなで宴会をする「風呂講」を楽しんだといわれています。

農業大国でもあった当時の日本にとって水は非常に貴重なものでありました。

雨が降らない日が続くと川や溜池は干上がり、飲み水ににも困る事態が発生していました。

平安時代には後白河法皇が自ら雨乞いをしたという記述からも日本が常に水に恵まれていたわけで無いようです。

水を大量に使う入浴は、いろいろな意味で贅沢な行為だったようですね。

今日は岡山市でスタートする倉庫の新設工事の為に津高辺りまでいったきました。

今日からの現場着手を手助けしてくれるように、朝から晴天でした。

写真は現場でしんちゃんと小野くんが加工場でキザンでおいた材料を組み立ててくれている所です。

キザミも完璧だったので現場での工事も順調に進みましたよ。

今日のためへの昨日までの準備が生かされますね。

何事も計画的に進めていく事がやっぱり大切なのでしょう。



2010年06月15日(Tue)▲ページの先頭へ
入浴って宗教行事?
日本に風呂が伝わったのは6世紀初頭に仏教と一緒に中国から伝来してきたと言われています。

仏教では「入浴すると、七病を除き、七福を得られる」と説いていたそうで、当初から入浴は健康に良いと理解されていたそうです。

また、「他人の体を洗い清めること」は修行の一環とでもあり、目に見える汚れを落すことで一時的にでも「穢れを清める」ことができ、人々の救済につながると信じられていたそうです。

各寺院ははこぞって浴堂を備え施浴を盛んに行い、一般庶民にも入浴を施したようです。

仏教説話には光明皇后が屋敷に風呂をつくり自らの手で千人の人々の体を洗い清めたという伝説もあるそうです。

当時の風呂といえば「蒸し風呂」のことで、蒸気には発生させアカ汚れを浮かし、手ぬぐいなどでこすり落してからお湯をかけるといった方法が当時の入浴だったそうですよ。

先週の日曜日に岡山のイトーヨーカドーにいった時に娘の付き添いで入った店に「森ガール」という珍しい言葉を発見しました。

早速調べてみるとインターネットサービスのミクシィから生れた言葉らしく、女性のファッションの種類らしいのですが様々な条件があるようです。

そんな中、写真は明日、岡山市で着工予定の倉庫の新設のためのキザミをおこなっている「林ボーイ」たちです。

弊社が林建設と言うことで「森ガール」にちなみ「林ボーイ」と名付けさせていただきました。

特にきまりはありませんが、一応スタッフのしんちゃんとの決め事で「作業着」+「作業着の襟を立てる」+「30歳以上」+「林建設の関係の現場で作業」を条件とさせていただきました。

こちらは決して世間で流行ることはなさそうですが・・・・



2010年06月14日(Mon)▲ページの先頭へ
日本人って風呂好き?
半身浴が健康に良いと報道されて久しく、スーパーやディスカウントショップに行けば大量のバスグッズが並んでいます。

カラフルな入浴剤はあたりまえで浴室内でみれるテレビ、浴室用まくら、アロマオイルにユニークなスポンジなど、バスタイムをより快適にするための商品が非常に多いですね。

何種類も浴室を持ちエステまで手がけるスパは女性にも大変人気があります。

日本人の風呂好きは世界的にも有名ですが、その土壌は日本の国土そのものにあるようです。

火山国でもある日本列島には全国各地で温泉が湧き出しています。

「動物がキズを癒すのを見て温泉を発見した」といった伝説が各温泉地に残っているのですから、掘削技術が発達する以前の古代から自噴している温泉も多かったのでしょう。

患部を温めれば痛みも和らぐ上、冬場に体を洗うならお湯が適しています。

自然にあるものを利用していった結果、風呂好きの日本人の土台が築かれたと考えられています。

今日は週の始まりということもあり、朝から施工中の現場周りに倉敷市街をうろうろしてきました。

増築現場では電気屋さんが器具の取付にかかっていていよいよ工事も大詰めです。

竣工まで気を抜かないようがんばりましょう!

写真は午後より先週上棟した現場へ屋根の下地工事の手伝いに行ったときのものです。

今回はしんちゃんに頼み、私が作業している所を写真に撮ってもらいました。

自分が作業する姿を見ることがないので、こうしてあらためて見ると何だか不思議な感じがするものですね・・・

今夜はサッカーのワールドカップ、日本VSカメールン戦ですね。

異国の地で日本代表の選手達が母国の誇りをかけた戦いを精一杯応援しましょう!





2010年06月12日(Sat)▲ページの先頭へ
住宅における省エネルギーと快適の両立?
世界ではより高断熱・高気密を追及した住宅づくりが試みられています。

その中でも、究極のエコ住宅として最近、良く聞くのがスウェーデンを発祥とする「無暖房住宅」です。

断熱性能・機密性能を限りなく高めることで、冬でも暖房器具がなくても生活できる住宅が実現可能だといわれています。

たとえば、私たち人間は80Wの電球と同じ熱量を発散していますから、熱ロスがほとんど無い住宅でなら部屋の中に何人かいればそれだけで暖かいですし、家電製品も熱を発散させているので冬でも暖房せずに生活できるという訳です。

夏も一度冷やすと熱が逃げていかないため、エアコンの消費電力も抑えられます。

これからのエコ住宅は高気密高断熱を基本の性能にする事で省エネルギーと快適さを両立していかなければなりません。

ただ、気候風土の異なる北欧の高気密高断熱性能の優れた建物を私たちの住む高温多湿の気候風土でもある日本にもって来るだけでは様々な弊害が起こりうる可能性が考えられます。

単に高気密高断熱住宅を売りにしている住宅会社をみかけることがありますが、上記の様な点に配慮した高気密高断熱住宅を検討される事が望ましいですね。

今日は倉敷で上棟の手伝いに行ってきました。

今回の建物、平屋なので作業がはかどるかと思っていましたが、室内が勾配天井と言うこともあり梁が全部登り梁ではないですか・・・

これには思った以上に手間がかかりましたが、職人さんの協力の元なんとか棟も上がり一安心でした。

今日は本当に職人のみなさんありがとうございました。

明日はゆっくり休暇を満喫してください。



2010年06月11日(Fri)▲ページの先頭へ
省エネ先進国ではQ値1.6w/ukはあたりまえ?
次世代省エネ基準に基づいた日本の住宅の性能を世界のレベルと比較すると冬の寒さが東京と同じ程度の、いわゆる温暖地での国々の中では、そこそこ太刀打ちできるレベルにあると言われています。

しかし、次世代省エネ基準をクリアすれば、ハイレベルの省エネ住宅が実現できると考えるのは間違いだと思います。

なぜなら、次世代省エネ基準はこれからの日本の住まいに求められる必要最低限の基準を定めたにすぎないものだそうです。

次世代省エネ基準の基準で見てみると私たちの住む岡山はW地域ということで、この地域における次世代省エネ基準のQ値は2.7w/uk以下となっています。

私たちがお薦めしているファースの家は標準仕様でもQ値1.4〜1.6w/ukとなっている事からも大変高いレベルでの省エネ性能が住宅に担保されている事がわかります。

省エネ先進国のドイツやスウェーデンでは、日本の次世代省エネ基準の寒冷地に相当する高いレベルが、一般的な住宅の標準となっています。

現在の日本の国の政策から考えても今後の日本の住宅づくりの基準は、やがて北海道レベルのQ値1.6w/ukを全国の住宅で実現していくことでしょう。

これから先、何年か後に周りに建つ家の性能の高さに気がついて後悔しないよう、これから家を考える人には今、必ずこのQ値を意識した家づくりを考えていただきたいと思います。

今日は、明日上棟の物件の木材の加工や岡山市で計画している倉庫の新設工事の加工をおこなっていました。

写真は、朝の仕事前にまっちゃんとしんちゃんが加工場の機械のメンテナンスを行っている所です。

木材を削る為の刃を交換したり、モーターまわりへグリスをさしたりと機械の調整をおこなってくれました。

定期的にメンテナンスすることでまだまだこれらの機械もがんばってくれそうです。

明日の上棟に向け、今日は早めに帰宅して体を休めておきたいと思います。




2010年06月10日(Thu)▲ページの先頭へ
高気密高断熱住宅の基準しってますか?
日本の住宅エネルギー消費量は今もどんどん増えているようです。

これからのエコ住宅には、まずエネルギー消費量を低減する事で、CO2排出量を抑えることで地球温暖化防止に貢献する事が求められています。

そこで家の断熱気密性能を考えて窓や壁・床下・屋根などからの熱ロスを減らす事が重要です。

つまり、冬期には家の中の暖房熱が外へ逃げないように、夏は家の中に熱を取り込み難くする工夫が必要です。

そして日本の家はこのような高気密高断熱住宅がスタンダードな形になっていかなければなりません。

しかし、何処からが高気密高断熱住宅なの?と言われる方もいらっしゃるのでは?

1990年に改定された次世代省エネ基準は、これらの賢い家づくりのために指針となる断熱性能(Q値)・気密性能(C値)の住宅性能を定めています。

これから家を建てようと思っている人は計画している建物のQ値、C値を知って欲しいと思います。

実際に現在、住宅版エコポイント制度やフラット35での金利優遇タイプを使う為にはこの省エネルギー性が必ず求められます。

住みはじめてからも省エネ性の高い住宅の方が月々支払う光熱費の面でも少ないコストで済みますね。

そうして考えると、これから家を考える上で省エネルギー性能の高いものが必須となってきますね。

今日は某ゼネコンさんの依頼で倉敷市内の保育園にトイレの扉の修理に行ってきました。

現場に行ってみると聞いていた作業と別に、特殊な道具が必要な作業が・・・

持ち合わせの道具では修理不可能・・・

これは一度、会社へ帰らないと不味いと思っていた時、現場の近所に協力業者さんの会社がある事に気がつき早速電話してみると・・・

なんと道具を貸してくれる事に!ついでに扉の丁番の動きを良くするシリコンスプレーを建具屋さんからいただき、現場の方も無事に作業も終了です。

貝原水道さん・西原木工さんその節は色々とありがとうございました!

写真は以前、工事させていただいた現場での床下点検口です。

床板が30oもある為、通常よく使用するアルミの縁が使えないため急遽、しんちゃんが作ってくれた物です。

アルミの縁の変わりに木で縁を作り、回転取手を掘り込みあっという間に完成です。

オリジナルの床下点検口にお客さんも大満足でした。



2010年06月09日(Wed)▲ページの先頭へ
普通の暮らしがエコになる住宅を!
現在、地球規模で拡大しているエネルギー問題や環境問題を解決するために、暮らしの中で省エネルギーや省資源を積極的に推奨する一方で、温室効果ガスであるCO2の排出を極限まで抑える、有効で画期的なソリューションが求められています。

電化製品の省エネルギー化や自動車の排ガス規制や燃費の工場は着実に成果を上げていますが、まだまだ立ち遅れている分野が私たちの住む住宅です。

私たちが今考え実行することで地球環境を維持でき子供たちが将来にわたって地球温暖化の不安なく暮らせる環境をつくるためにも、これからの住まいは「エコロジー住宅」を目標にしていかなければなりません。

もちろん、暑さ寒さなどを我慢して冷暖房を使用しないなどのストイックなエコではなく、毎日の暮らしの中で無理せず楽しみながら環境に貢献できる事が前提だと考えています。

写真は作業場で週末に予定している上棟に向けての造作材の加工をまっちゃんが行なっている所です。

今回の建物は軒をボードで隠さず、屋根垂木や野地板を化粧で見せるタイプの軒仕上なので、上棟前に様々な部材の加工が必要になってきます。

その中でも加工している部材は面戸と呼ばれる屋根垂木の間を塞ぐ部材の加工を行なっています。

一般には余り聞くことのない部材で実際に使用する部分も地味なのですが、一本一本とても丁寧に仕上ています。

こういった細かな部材の丁寧な仕上の積み重ねによって上質な屋根を作ってくれる基本だと思っています。

「初心を忘れるべからず」この言葉をまっちゃんが作業している姿をみて、再確認することができました。



2010年06月08日(Tue)▲ページの先頭へ
地球温暖化の原因は?
環境問題の中で特に心配されているのが地球温暖化です。

地球の平均気温は今後100年で最大5.8度上昇するという予想も出されています。

これはただ暑くなる事が問題のではなく、気温上昇によって様々な弊害が起こる事が問題となるようです。

ある調査によると過去3年余りで南極の氷が東京ドーム40万杯分も失われたという調査結果を報告している所もあり、

海面上昇により南太平洋の島々が水没の危機にさらされているともいわれています。

他にも異常気象や生態系への悪影響や水不足、伝染病の流行など様々な問題を引き起こす可能性も考えられるそうです。

地球温暖化については太陽が活性期を向えたなどの様々な説がありますが、今確かに温室効果ガスと呼ばれるCO2やフロンが急増していることは確かな事です。

中でもCO2は日本国内から排出される温室効果ガスの90%以上を占めているそうですよ。

今日は会社にてエコポイントの申請書類の作成を行なっていましたが、毎度の事ながらエコポイントの引き換え商品の多さにビックリしてしましますね。

今回の工事もリフォームも外窓交換があったのですが、4ヶ所サッシュを交換しただけで約4万ポイントがいただけそうです。

エコポイントがいただけるのはモチロンですが窓を変えた事でエアコンの効率も良くなり、冷房費も削減されるのでますますお徳ですね。

最近エコポイントの話題ばかりが先にいってしまっていますが、窓の改修に限らず家の性能を上げるリフォームを行なうことによって光熱費も削減される事を施主さんにもキチンと認識していただきたいですね。

こうした所から一人一人に住宅から考えるエコロジーを意識してくれるようになっていただければ嬉しいですね。

午後より岡山市で倉庫の新設の工事依頼があり現場の寸法取りに出かけてきました。

工事の方を急がれているようなので早めに金額を決めて工事の準備に取りかかりたいと思います。

写真はいつも左官工事でお世話になっている岡山市の寺門工業さんの資材置き場です。

左官材料がとても綺麗に保管されているのに、いつも感心させられてしまいます。

こちらの社長さんは「お客さんの大切な家の壁を塗るのに汚れた道具では申し訳ない」と材料の保管に限らず、色々な種類のコテからバケツにいたるまでどの道具も大切に綺麗に扱っています。

こうした心使いは、一緒に仕事させていただく私たちの良い見本となってくれています。



2010年06月07日(Mon)▲ページの先頭へ
虫よけ剤の選び方とは?
虫よけ剤としては、これまでは「ディート」という化合物が多く使われてきたそうです。

虫よけの効果が高く持続性もあり副作用もほとんどなかったそうです。

ところが、稀に神経障害や皮膚炎を起すといった報告があったことから、近年は使用上の注意が改訂されました。

こうした経緯から最近ではディートを使用しない虫よけ剤が増えてきています。

代わりにハッカーやユーカリなどの天然オイルを使った虫よけ剤が増えています。

ただ、天然成分だから安心という訳でもありません。

そもそも虫が嫌う刺激物なので小さな子供や肌の弱い人は注意して使用しなければなりませんよ。

今日は岡山市の大元駅付近で住宅のリフォーム工事が始まりました。

工事内容は玄関廻りの床板の張替ですが今日は現在の床を剥がす作業が主になりました。

明日からは新しい床板を張っていく作業に移っていきます。

午後から倉敷で始まる増築工事の現場へクレーン車のオペレーターさんとの工事前の現地打合せのため行ってきました。

こちらのオペさんとは彼是10数年の付き合いになります。

クレーンの操作もとても上手ですし、上棟の時の大工さんとクレーンのオペレーターさんの息が合う事はとても作業する方にとってはやりやすいので、いつも無理をいってお願いしています。

写真は昨日の夕方、家族でバーベキューをしたときの写真です。

夕方、急に肉が食べたくなり折角ならと言うことで急遽、バーベキューを決行です。

写真は嫁さんが中で下ごしらえしてくれている間に娘達と炭をおこす作業をしていたのですが、火が起きるまで娘と随分苦戦している時のものです・・・

しかし苦戦する事数十分・・・なんとか火も起き無事に父の威厳も保てましたよ。

最後に、三女のリクエストで娘達と今年初の花火をしました。

私と嫁は子供達の火傷の心配ばかりでゆっくり花火を楽しめませんでしたが、娘達は大喜び!

ドタバタしましたが、たまには家族でこんな夕飯も良いものですね。



2010年06月05日(Sat)▲ページの先頭へ
蚊に刺されやすい人って?
そろそろ、岡山地方でも蚊の出てくる季節ですね。

ところで蚊に刺されやすいタイプの人ってどんな人だと思います?

蚊は二酸化炭素や熱、水分、においなどから人を感知していると言われています。

暗い色を好むので、黒や青、赤などの濃い色に近寄る傾向ががあります。

こうした傾向や実験の結果から、体温が高く、やや汗かきで、色黒で太り気味の人は蚊に刺されやすいと思われます。

お酒をよく飲む人もアルコールを分解している途中で二酸化炭素を吐き出す量が増えるので蚊にさされやすくなります。

こういった情報を元に蚊に刺されにくくするには、肌の露出の少ない白っぽい服を着て、汗をかいたら着替えるの良いと思われますが、まぁ、机上の話なので余り気にしなくても良いとおもいますが・・・

ちなみに血液型では、O型の人が一番蚊に刺されやすく、もっとも刺されにくいのはA型の人と言うことが明らかになっているようです。

今日は倉敷でファースの家を計画している施主さんと打合せを行ないました。

間取り計画を進めて行く中で、今回は長期優良住宅を計画しています。

同時に資金計画も進めていますが、今回はフラット35を検討しているのですが、ファースの家なら無条件で10年間、金利1%引下げが適応します。

さらに、長期優良住宅だと20年目からも通常の金利より金利が0.3%引き下げられると言ったメリットもありますね。

これで資金計画を行うと普通にフラット35で借入した場合と比べ3000万の借入でも最終支払いが300万〜400万も得する計算になってきます。

その上、木の家整備促進事業の補助金を申請することで最大120万の補助金をいただく事も可能です。

そうして考えると、家の性能を上げた為の割増工事費も十分相殺できるのではないでしょうか?

さらに、省エネ性能を向上させる事によって建てた後の光熱費も24時間365日、快適な生活をしながら光熱費を抑える事ができるので、一般の住宅に比らべ月々のランニングコストも抑える事が可能ですよ。

他にも税制面でも多くの優遇がある為、最終的に考えるとますますお得ですね。

時々フラット35ではつなぎ融資が利用できないとの声を聞くことがありますが、心配いりません。

こちらのフラット35にはつなぎ融資もセットにして取り扱っていますので、ファースの家を考えられている方は是非一度、お近くのファース加盟工務店さんにご相談くださいね。

午後より、倉敷の増築工事現場に行ってきました。

現場の方では大工さん、板金屋さん、左官さんが作業を行なってくれています。

今日は土曜日と言うことで近所の子供達が学校が休みのため、外であそんでいました。

ご近所さん同士で、4歳〜12歳と年齢の幅はあるのですが6人位でワイワイと自転車に乗って遊んでいたのですが・・・

静かになったな〜と思って外を見ると子供たちは外で作業していた左官さんの壁塗りの作業に見入っています。

なかなか、家が作られる工程や職人さんの作業を近くで見る事が少ないのでこういった経験は子供にとってはとても貴重なのかもしれませんね。

今回は壁を塗っている作業を見ていたのでしたが、こうした家をつくる作業を見る事によって子供たちが何かを感じてくれると嬉しいです。

明日は日曜日、久しぶりに一日休みなので私も娘達を連れて何か貴重な体験ができる事を探しに行ってみたいと思います。



2010年06月04日(Fri)▲ページの先頭へ
水廻りの汚れ撃退 仕上げ編〜
掃除の仕上がりは綺麗にならないと残念ですよね。

洗剤分が残っていると仕上がり光沢がでないようです。

鏡やシンクのステンレスなどを綺麗に仕上るポイントはふき掃除の最後の水ぶきとからぶき。

洗剤分が乾き切らないうちに水ぶきでしっかり洗剤を落とし、その後水分が乾き切らないうちに、からぶきで仕上ます。

車を洗車されるお父さんは良く知っていると思います。

車だけでなく時々家の掃除も手伝ってあげると良い事ありますよ。

今日は以前、改修工事を行なったお客さんの所へ木製の建具の戸車の交換・調整に行ってきました。

戸車の老朽化もですが鴨居が下がってきていて、鴨居と建具が擦れて動きが悪くなっているのが一番の原因でした。

写真は弊社のスタッフがカンナやノミを使って建具を調整してくれている所です。

こうやって手を入れてあげる事で、この建具を長く使っていただけると思います。

今日はこれから、近所でリフォームを計画している現場の下見に行って来ようと思います。

今回の計画は子供部屋の分割と駐輪場の新設を希望されているとの話なので、まずはキチンと現場の状態を把握しておきたいと思います。




2010年06月03日(Thu)▲ページの先頭へ
水回りの汚れを撃退 しつこい汚れ編〜
キッチンの油汚れや水廻りのカビなど少しこすっただけではおちにくい汚れには湿布法やつけ置き洗いが効果的です。

湿布法とは洗剤などをつけたティッシュやキッチンペーパーを汚れた面に湿布させてしみこませる方法です。
シッカリ密着させるのがポイントです。

広い面はティッシュや新聞紙を広げて湿布し、タイルの目地などの狭い部分にはテッシュをこより状にして湿布します。

つけ置き洗いは、洗剤など溶かした液に汚れた物をつけて綺麗にする方法です。汚れに適した洗剤を60〜70℃位のお湯に溶かしてつけ込み、汚れが柔らかくなってからこすり落とします。

水廻りでは、換気扇やガスレンジなど分解できる物の掃除に便利です。

1回のつけ置きで汚れが取りづらい様なら無理をせず、2回・3回と繰り返して汚れを落すのがいいでしょう。

先日の日曜日に真庭市で私たちと同じファースの家を施工されている影山建設の専務さん一家と今月よりファースの家を着工されるお客さん一家が弊社を見学にきてくれました。

実際に弊社の建物を見学していただきファースの家の仕組を簡単ですが説明させていただきました。

2家族とも私と同年代の子供さんがいるので、とても他人事のようには思えませんでした。

影山専務の直実な人柄に、「この人なら家づくりを任せられる」と言う安心感も感じました。

家は完成した後も色々なメンテナンスやライフスタイルの変化など住む人と工務店が一緒に育てていく必要がありますね。

家の基本性能はモチロン必要ですが、住む人と建てた人が良い関係であればその建物は世代を超えて住み続けていくことができると思っています。

写真は倉敷の増築工事現場の写真です。

昨日に引き続き倉庫の新設の造作工事を行なっています。

今週末には木工事も一区切りつきそうなので、暑い日が続きますがもう一頑張りしましょう!



2010年06月02日(Wed)▲ページの先頭へ
水回りの汚れを撃退
こびりついた汚れ編〜

キッチンの油汚れや水あか、ヌメリなどの汚れはおちにくいですよね。

水廻りに付き物のこうした、しつこい汚れの対処法です。

シンクや排水溝にこびりついたヌメリは、細菌やカビなどが繁殖した固まりです。

放っておくと悪臭や食中毒の原因になるといいます。

なかなか取れないようなら重曹とアクリルタワシを使ってみては?

アクリルタワシに手のひら全体をあてて優しくこするのがコツです。

強くこすると素材を傷めてしまうので注意してくださいね。

写真は倉敷の増築工事の現場です。

洋室の増築工事の木工事も終わり大工さんは倉庫の新設にとりかかっています。

外部では左官さんがモルタルの上塗工程に入っていて慌しい状況ですが、そんな中、今日は内装屋さんが室内の壁紙を貼ってくれている所です。

内装の仕上材としては一般的なビニールクロスですが、左官壁や木板貼りなどにくらべ比較的コストも安くつく上、将来的なメンテナンスの時もコストを抑えれる為、経済的ですね。

最近では様々な機能を持った、壁紙も発売されていますので色々調べてみるのも良いかもしれませんよ。





2010年06月01日(Tue)▲ページの先頭へ
夏は太陽光を遮断する工夫が必要?
高気密・高断熱性能が重要なのは、簡単に考えてみると室内と室外を完全に遮断し、省エネルギーで室内の温度コントロールを可能にすることだと考えています。

そういった中、外気の気温を左右する太陽について考えてみると、太陽の熱は光と同じ性質を持ち熱線として放出されます。

住宅の屋根・壁面の断熱性能が重要なのはこの太陽光などの室外の熱を壁の中に溜め込まないようにするためです。

さらに開口部から入ってくる太陽光を遮断してやる性能のある窓や庇・植栽などを計画してやり夏の日差しの遮りを計画する必要があります。

しかし、冬はこの太陽光を上手に室内に取り入れれば暖房費の節約になりますね。

こうして考えると日光の取り入れ方を工夫しておく事も省エネ性能としては必要になってきます。

私も以前は某メーカーさんの中古住宅を購入し、そこに住んでいたことがあるのですが断熱性能が悪い住宅は、外壁や天井にため込んだ熱を夜になってから室内に輻射熱として放出させます。

特に私が住んでいた建物はコンクリートパネルの外壁、屋根だったので、一般の木造に夏場、しっかり太陽熱で温められたコンクリートパネルが蓄熱材となってしまい、最低温度で強運転してもクーラーがききませんでした。

反対に冬場はこのコンクリートパネルが冷やされ、いくら暖房してもなかなか暖まらないと言う状態でした。

その為、夏場も冬場も、光熱費がとんでもなくかかる最悪の住宅でした・・・

ほんと見た目はコンクリートパネルで地震や災害にも強そうに見えますし、当時としては内装もそこそこ良い感じでしたが、住んでから本当に必要な部分がポッカリ抜けた住宅でした。

もちろん今はファースの家に建替え年中快適な生活がおくれる上、省エネルギーな住宅なので光熱費も少なくてすみますね。

写真は先週の日曜日に長男の生れて初の散髪と言うことで以前、新築させていただいたユミーズ・ビーさんにカットしてもらいに行ってきました。

1才3ヶ月にて初めて散髪される長男は泣くかな?と思っていましたが、母に抱かれ周りから姉達のチャチャが入る大騒ぎの中、特に泣くことも暴れる事もなくカットが始まりました・・・

カット出来上がった長男の姿をみると、もうその姿は赤ちゃんではなく立派な子供になっていましたよ。

ほんの少しの出来事ですが彼の成長を感じることができた、とても嬉しい瞬間でした。






2010年05月31日(Mon)▲ページの先頭へ
エアコンの節約のポイントとは?
そろそろ、エアコンシーズンです。エアコンの電力消費の節約のポイントをいくつか考えて見ましょう?

1、室内温度は適温に
 設定温度を25℃〜28℃に。1℃下げるだけで、光熱費に差がでます。
 一枚、服を脱いだりしての活用がお薦めです。

2、カーテンで窓からの外気を遮断・扉の開閉を少なめに
 せっかく、冷えた室内も、窓からの熱気や扉の開閉で冷房の効果が下がったのでは台無しですね。厚手のカーテンで窓からの熱気を遮ったりする方法も効果的です。
 ガラスにも日射を遮る性能のある物もありますので、工務店やサッシ屋さんに尋ねてみてください。

3、扇風機を上手に併用しましょう。
冷たい空気は重いので足元に溜りがちです。扇風機を併用する事で冷えた空気をムラ無くしましょう。

4、定期的にフィルターの掃除をしましょう。
フイルターの目詰まりで冷房の効果が悪くなってしまいます。
フィルターを掃除しないまま、ゴミやホコリなどがつまったまま使うと電気が5%〜10%無駄に使う事になります。

5、室外機の廻りに物を置かないように。
室外機の吹き出し口や吸い込み口に障害物があると熱交換率が悪くなってしまいますので、室外機の廻りには物を置かずに使用しましょう。
時々、吸い込み口の清掃をしてあげるとより効率的でしょう。

今日は倉敷で行なっている2期目の増築工事現場へ行ってきました。

さすがに明日から6月と言うことで随分、気温も高くて汗だくになりますね。

今日は倉庫の骨組と屋根の下地を作る作業をおこない、無事予定の作業範囲まで施工することができました。

明日も引き続きこちらの現場に行ってきます。




2010年05月29日(Sat)▲ページの先頭へ
屋根材の選び方?
屋根材といえば大きく分けて粘土瓦・セメント瓦・スレート瓦・金属板といった種類がありますが、どの屋根材にどういった性能と弱点があるのか考えてみましょう。

例えば、対候性を考えてみると、表面を塗装した材料は表面の塗装が紫外線で劣化しやすいです。

その一方で、うわぐすりのかかった粘土瓦は紫外線や酸性雨にも強いとされています。

遮音性では金属板のように軽い材料より粘土瓦などの重い材料の方が優れていますが、地震のさいに建物が受ける影響は軽い材料の方が小さいですね。

同じ材料でも釘で留める数が多いものや「防災瓦」のような落下防止の仕組みを取り入れたものが地震に対しては強いと思われます。

同じに見える金属板にしても材料の厚みで大きくコストが替わりますし、屋根材のそれぞれに一長一短があります。

一例をを挙げると、住宅用化粧スレート瓦は他の材料に比べ水密性ではやや劣りますが、風に耐える力は強い。

そこで下地の防水層のルーフィングを水密性の高いものに替えて対応するなどの方法もあります。

このように材質の欠点を補える施工ができるかどうかの見極めも重要になってきますので、キチンとメーカーや工務店に相談してその材料の長所と短所を聞き短所部分を補える施工法を提案してもらってください。

家は数千といわれるパーツの組み合わせで作られます。デザインだけでなく機能的な面においても全体のバランスも考えながら部材を選ぶ事がとても重要だと思われますよ。

今日は新築を計画されているお客さん家族と建材屋さんが来社されました。

漠然と家を建てたいと思う建主さんの希望を聞かせていただき、家の性能・デザイン・材木の種類・コストなど建主さんから詳しく話し合う事でキチンとした方向性が見えてきました。

今日は弊社の社長と私を含めて6人での打合せと言うことで、皆さん一人一人が家づくりに対して実に様々な想いやこだわりを持たれていました。

こうして話込んでいくと今まで完璧だと思っていたプランにもまだまだ改良すべき部分がある事に気がつくなど実に有意義な打合せになったと思います。

写真はトステムショールーム岡山さんが毎年行なっている暮らし祭りのイベントチラシです。

今回の暮らし祭りは6月12日(土)10:00〜16:00に開催予定となっています。

今回も豪華景品の当たる大抽選会やおいしいものが食べられる「ぐるめコーナー」など楽しいイベントが盛りだくさんです。

他にも「住宅版エコポイントセミナー」や世界にひとつだけのオリジナル「エコバック作り」など時間限定のイベントもあるようです。

ショールーム内にも最新のキッチンやユニットバスなど多数展示していますよ。

興味があるかたは弊社までメールいただければ案内チラシお送りしますね。





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全277件


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年12月
     
 

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:82
昨日:136
累計:1,700,098