感動としあわせの家づくり物語 - 2011/08/27

生活・仕事・想いについて




[PR]



2011年08月27日(Sat)▲ページの先頭へ
8月最後の週末を・・・
今週も気が付けば週末の土曜日の夕刻をむかえています。

一日、一日を大切にしているつもりではありますが、瞬く間に進む時間に驚いてしまいます。

そんな土曜日ではありましたが岡山市吉備津で改築工事が進んでいた現場では造作工事も一区切り付いたとの事です。

暑い時期でしたが朝早くから夕方まで毎日、コツコツと施工を頑張ってくれた大工「まっちゃん」、「小野くん」には感謝、感謝。

お施主さんも2人の大工さんにはとても満足しておられるとのお言葉をいただき大変嬉しく思います。

引き続き、仕上げの工程に進んでいきますが、ここは協力業者の皆さんと力を合せて素敵な工事物語を綴っていきたいものです。

そんな中、私と「しんちゃん」は倉敷市でのファースの家新築現場で作業を続けています。

外壁の通気下地もほぼ完了で、来週にはベランダの防水が施工できるよう準備を進めるために私はベランダの造作へと工事を進めています。

ちなみに当社の通気胴縁は他社で見かける胴縁と色が違います。

これは決して古いからとかではなく、溝付けと呼ばれる防腐剤に胴縁を漬けたものを標準仕様として使用しているためです。

この通気胴縁の上に木ずりと呼ばれる板を打ち付ければ後は左官さんに外壁の工事はバトンタッチ。

来週一杯を目安にこちらの外装下地の造作も完了させる所まで工事を進めていきたいです。

この後、茶屋町で商工会さんが主催しているお祭りに友人が参加しているとの事で、そちらへ向ってみようと思います。

私が行ける範囲での8月、最後となるお祭りになりそうです。

今夜も目一杯楽しめれば今年の夏に悔いは残らないと・・・



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年8月
 
27
     

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:24
昨日:103
累計:1,696,036