感動としあわせの家づくり物語 - 2011/10/28

生活・仕事・想いについて




[PR]



2011年10月28日(Fri)▲ページの先頭へ
何事も表裏一体
今日も秋晴れの中、朝から倉敷市上東での造作工事に向います。

外装の方は塗装屋さんのおかげでほぼ塗装完了。

しかし、一部材料が足らず週明けの施工予定になりましたが明日は樋の取付も行えれる範囲で予定に問題なく外装の工事も進みそうです。

内装もクロス職人、高宮さんのおかげで石こうボードの下地処理は完了、明日からはドンドン、壁紙を貼り竣工へ向けて一直線になりそうですね。

私も大工工事をほぼ終わらせ、細々とした部分の施工に取りかかっています。

ガラスブロックの取付をしたり、2階の洗面台の鏡を取り付けたりと・・・

内部の建具も搬入されあっちこっちと大忙しな一日でしたが、やっぱり現場での作業は充実感もありますし、段々と出来上がっていく内装は本当に楽しい限りです。

明日はこちらの現場を離れ先週、見積を提出した総社市での住宅改修の修正見積のお届けに上がろうと思います。

そろそろ契約の話も出始めていますので契約書の雛形を持参して内容の説明も併せておこない、来年2月の竣工に向けてスムーズな工事着手になるようお話を進めなくてはなりませんね。

その後、こちらも来月後半から工事を予定している岡山市北区での外装改修工事現場に追加で頂いた雨樋の取替え見積の調査に・・・

午後からも新築中のお客さんとの打合せや倉敷での現場調査と予定が目白押し・・・

明日も「家づくり」を通して多くの人の笑顔に出会えそうです。

写真は今月始めより倉敷市で住宅リフォームをしていた現場でのエコキュートの設置の時のものです。

建物と敷地の境界の幅が随分狭く、薄型のエコキュートでも一杯一杯の幅しかありませんでした。

どうにか納まりはしましたが、こうして思えば新築の時の敷地への建物配置が重要な事が改めて分かりますね。

家の表面を広く取りたいのは当然ですが裏側にもある程度の余裕がやっぱり必要ですね。




   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年10月
           
28
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:167
昨日:234
累計:1,677,359