感動としあわせの家づくり物語 - 2011/12/09

生活・仕事・想いについて




[PR]



2011年12月09日(Fri)▲ページの先頭へ
なまこ壁
今日は朝から会社に篭り、昨日遅れを取ったデスクワークを追い上げていきます。

延々とパソコンに向かう事8時間、取りあえず一区切り付くところまで作業も進み一安心です。

そんな今日も現場の方はドンドンと進んでいる様子。

総社市の住宅リフォーム現場では左官職人さんが和室の壁の塗り替えを進めてくれています。

以前は「綿壁」と呼ばれる素材で仕上げてあったのですが、長い暮らしの中でこの綿壁がボロボロと剥がれ出し、掃除をしても切りがない事の苦悩と見栄えの悪さから今回のリフォームとなりました。

既存の綿壁を専用の剥離材を使って剥した後に、下地の痛んだ部分を修復していき、やっと上塗の仕上げ塗りとなるのです。

こちらの現場では明日から長屋のトイレの木造作も始まり、この年末にはひと段落付けるよう段取りよく工事を進めていかなくてはなりませんね。

写真は本日、倉敷市内で工事した屋根瓦の改修工事現場です。

こちらの外装は倉敷では美観地区から近いとのこともあり「なまこ壁」を使った古い旧家。

「なまこ壁」は壁面に瓦を並べ、その瓦と瓦の継目部分をシックイで盛り上げるように塗る工法で、倉敷では美観地区付近で多く見る事ができます。

こちらの現場、昨日の雨で工事着手が一日遅れてはしまいましたが今日は無事に空模様に恵まれ施工開始。

今回は棟と呼ばれる屋根の一番高い部分の改修でしたが、来年になると内装の方の工事も始まる予定。

今回も「家づくり」というリフォーム工事を通して暮らす人に感動としあわせを感じてもらえれば・・・と精一杯の努力を惜しむことなく工事に携わらせていただきますのでどうぞ宜しくお願いします。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年12月
       
9

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:140
昨日:168
累計:1,675,447