感動としあわせの家づくり物語 - 2011/12/20

生活・仕事・想いについて




[PR]



2011年12月20日(Tue)▲ページの先頭へ
正直な施工と想いで暮らす人にしあわせを・・・
総社市での住宅リフォーム現場も今年の工事にひと段落付き工事を担当していた松永大工も倉敷市茶屋町のファースの家新築現場で「しんちゃん」の手伝いをしてくれています。

順調に進むこちらの現場も年末より内装屋さんが入る予定になっているためある程度まで工事を進めておかなければと二人体制で作業もスピードアップです。

私は昨日に引き続き玉島での改装工事現場にて小野大工と一緒に造作工事を進めます。

壁の下地造りに昨夜、皆で加工した窓枠の取付と工事も順調に進み先が見えてきた事に少し安心感を感じます。

しかし、まだまだ工事は中盤なので気を抜くことなく明日も一生懸命施工させていただかなくては・・・

私はこちらの現場を離れ以前当社で工事させていただいた、お客さん2人からの住宅リフォーム計画の現地調査。

こうしたOBのお客さんからの再度工事の話がある事は本当にありがたい事です。

こうして月日を経ても、又「林建設」に頼もうと思っていただけた事に以前の住宅リフォームがお客さんにとって幸せなものであった事だと改めて実感できます。

さて今回も暮らす人にとって有意義な工事になるよう全力で取り組まされていただきますので宜しくお願いします。

写真は大工職人「小野くん」です。

今日も壁の下地作りに取り組んでいてくれましたが、彼の常に謙虚な姿勢で仕事に取り組む姿は本当に素晴しく私もついつい感心してしまいます。

そんな彼は「自分にとっては何百回と繰り返される中の一棟ではあるが、お客さんにとっては一生に一度の事なので常に全力で」と語ってくれます。

そんな彼の誰よりも正直な施工と想いは十分に暮らす人へのしあわせをお届けしてくれているようで本当に心強い職人さんです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年12月
       
20

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:98
昨日:144
累計:1,699,978