感動としあわせの家づくり物語 - 2011

生活・仕事・想いについて




[PR]



2011年08月06日(Sat)▲ページの先頭へ
時間に追われる週末を乗り切れば・・・
平日は車の渋滞で岡山市の中心街まで行くのも小一時間かかる筈の道程も今日は土曜日という事でスイスイと車が流れます。

以前から改装計画を進めてきたイタリアンレストランさんでの打合せに出かけます。

大まかなプランから細かな納まりなどの打合せを重ねてきたこちらではいよいよ改装コストの提示となりました。

今回は建物本体、厨房等の設備、そしてお施主さんが懇意にされている電気屋さんとの3社で各々の工事範囲の見積書を提出しました。

当初、お聞きしていた予算を若干オーバーする内容でしたが仕様や設備機器等の変更などを計画する事で何とか予算内に納れる雰囲気は十分にある内容だと感じた所は大きな成果だと感じます。

工事の予定の月も迫ってきている事もあるので、オーナーさんも慌しい中ではあるでしょうがもう一息、工事の計画を一緒にがんばりましょう。

写真は午後から倉敷市上東でのファースの家新築工事現場で月曜日に予定されている土台の敷き込みの墨出し作業に当社の社長と出かけてきました。

午後2時、気温の上昇もピークを向えた時間帯での作業なだけにしんどい作業ではありますが、月曜日の土台据付の工事をスムーズに進めるためにも今日の準備は欠かせません。

とりあえず、この後は都窪郡にて住宅リフォームの計画のあるお宅へヒアリングに出かけてきます。

夕方からは中庄のマスカットスタジアムでのお祭りに向いたいと思っていますが、昨日から時間に追われっぱなしの週末ですが今日を精一杯、後悔のないよう過ごせたら・・・

今週の自分が少し誇らしく、そして少し幸せに感じれるように思います。



2011年08月05日(Fri)▲ページの先頭へ
「しんちゃん」の大物一本釣り
今日は台風の予期なのか風の強い一日になりましたが、気温は高く日差しは強いので屋外での作業はまだまだ過酷です。

今朝からは岡山市吉備津の現場は当社の大工職人、「まっちゃん」、「小野くん」の2人体制で進みます。

内装の下地づくりに工程は移っていき順調に工事が進んでいる事が日々のミューティングで報告され本当にありがたい事です。

そんな中、今日は倉敷市上東で新築中のお施主さんと備前アルミ建材の亀山社長とでサッシの色決めを行いました。

内観、外観色ともに落ち着いた感じの色を選ばれ、特に外観からのカラーは三協立山アルミのホットブラウンで決定。

こちらは私の一番好きな色という事もあり「つくり手」としても何だか嬉しく感じます。

ブラウンと書いてはいますが、こちらのホットブラウンは限りなく黒に近いこげ茶色とでもいいますか、白やベージュカラー壁に会わせると窓の縁との境目がしっかりとして家の外装が引き締まりますよね。

どちらかと言えば「ぼんやり」よりも「しっかり」とした色分けがお好きな方にはお薦めかもしれません。

写真は当社の「しんちゃん」が昨日、水道屋さんが下水の切替の工事をしてくれた岡山市南区での離れの新築計画のある物件で使わなくなった浄化槽を重機で一本釣りです。

本来は使わなくなった浄化槽の上部を切断して埋設しておけば問題ないのですが、今回は隣に建築する建物の地盤の補強の杭に干渉するので撤去しておきました。

こちらの作業も思った以上にスムーズに進み夕方にはバッチリ埋戻しも完了です。



2011年08月04日(Thu)▲ページの先頭へ
多くの人に支えられるだけの価値を・・・
今週も気が付けば木曜日という事で自分の余りにも曜日の認知のなさに呆れてしまいます。

当社の職人さんたちは朝から岡山市吉備津の改築現場へ出かけていきます。

こちらも外装のモルタル下地もほぼ終わり、来週からは左官さんが現場に入り外壁のモルタル塗りに移っていく模様で順調に工事が進んでいます。

倉敷市上東での基礎工事現場では屋外の先行配管布設の作業に水道屋さんが現場入り。

小型の重機を使って順序良く配管布設も進んでいるようで、同時に基礎屋さんも附帯のコンクリート打ちのための下地作りが進みます。

皆さんが段取り良く作業を進めてくれている事に本当に感謝しなくてはなりませんね。

そんな中、私は下水道への切替工事への立会いのため岡山市南区へ向いました。

今回は現状の合併浄化槽から配管を切り離し新しい下水道の桝へ配管を入れ替える作業になります。

これは勿論、設備屋さんの作業範疇なために今日は作業の立会いという事でしたが、現場に来ていた職人さんは流石プロです。

段取り良く工事を進めてくれ夕方には切替作業も完了という事で無事に工事も完了です。

多くのお客さん、業者さんに支えられて毎日を過ごすことができる自分は幸せ者だと、今以上に努力を重ねなくてはと改めて感じる一日でした。



2011年08月03日(Wed)▲ページの先頭へ
暑さに我慢する事ない省エネ・エコな快適住宅
今日も夏らしい暑い一日となった倉敷市ですが、当社の大工職人たちは岡山市吉備津での改築現場へいつも通りに向かってくれます。

屋根が出来上り、現場にも日陰が増えたとは言っても、まだまだ気温は高いので無理すること無く体調の管理をしながら作業を進めてくださいね。

倉敷市上東でのファースの家新築工事現場の方では土工さんが附帯のコンクリート打設の準備に取りかかってくれています。

こちらは明日から設備屋さんも現場に入り屋外の配管を仕込んで行き来週の上棟に備えます。

多くの業者のみなさんに協力いただき今回も感動する家づくりを進めていきますので、どうぞ宜しくお願いします。

午後からは倉敷市茶屋町で計画している新築物件の敷地と設備の状態を確認する為に現場に向い確認作業を行いました。

ある程度は想定できていた範囲での調査ですが後に問題が無いように現地で再確認、とりあえず実際に工事する方法の方向性は決まった事は大きな収穫です。

その帰りに今年、去年と新築させていただいたOB施主様のお宅、2件へエアコン調子の確認に立ち寄りました。

一件はお留守だったのでお会いできませんでしたが、もう一件は施主さんお母さんがいらっしゃいました。

アポなしでの訪問でしたが本当に温かく迎えてくれた事に感謝、感謝。

とりあえず屋外からでも確認できる範囲での調査でしたのですが問題ないようで一安心です。

暑さ、寒さに我慢することない省エネ・エコ住宅、ファースの家での快適空間を満喫してくださいね。

又、お近くを通る事があれば立ち寄らさせてください。

写真は当時のこちらのお宅の竣工直前の室内ですが、ファースの家ではこんな大きな吹き抜けがあっても冷暖房の効果には全く問題ありません。

もちろん今回のこちらのお家もエアコン一台で24時間全館冷房しています。

そんなエアコンの使い方をしたら電気代が高いのでは!と思う方もいらっしゃるでしょうが・・・・

ファースの家は贅沢なエアコンの使用方法をしていますが、実は一般の家より約30%の電力削減しています。

なので実は皆さんが思うほど電気料金は高くないのです。



2011年08月02日(Tue)▲ページの先頭へ
夏の夕暮れに昔を想うと・・・
今日は朝からデスクワークに励んでいます。

週末に控えた見積提示に合せて見積書の作成が今日の主な作業になりますが・・・

意外に他の作業も舞い込んできて思う程、作業が捗らなかったのですが色々な案件がスムーズに進む手伝いもデスクワークでの大切な仕事です。

お盆が近くなるとやはりどの作業にも一つ区切りを付けたいと思うのが人の常、先ずは一つ一つ確実にこなす事が大事ですね。

そんな夕方、友人から連絡がありお盆に会おうと言う話でした。

彼と私は幼稚園に入園する前から交流があり小、中、高と学校も同じだった事もあり社会人になってからも会社は違えど仲良くしてきました。

彼が結婚してからは岡山市に暮らすようになり、段々と遊ぶ機会も減りましたが毎年、お盆と正月には家族ぐるみで付き合っています。

腐れ縁と言えばそれまでですが、夏の夕暮れになり蝉の声が遠くに聞こえる頃になると何故か彼と良く遊んだ事を思い出します。

若かった頃の自分を支えてくれた大切な友人だと彼には本当に感謝しています。



2011年08月01日(Mon)▲ページの先頭へ
相手を知る前に己を知る勇気
今日からいよいよ8月ですが、月が替わるだけでも気分がリフレッシュされた様な気がしますね。

当社の大工職人たちは先日から工事の進む岡山市吉備津での改築工事現場へ出かけて行く中、私は会社にてデスクワークからのスタートです。

ここ数日、建築現場での作業に追われ疎かになっていたデスクワークですが今日は一挙に進めなくては・・・

という事で先日、ご依頼いただいたサイクルポートの新設工事の見積書の作成から他に溜まりつつ比較的、時間がかからず作成できる書類の作成を一気に追い込みます。

私自身は「何かやり残した事」があると気になってしまう性格ななので、どうしても一つ一つ確実に物事を終わらす作業計画になってしまいます。

当然、忙しい時はあちこちに手を付けなくてはならないのですが・・・・

こういった比較的に時間に余裕がある時こそ、来るべき忙しい時に備え「現在、出来る事は早めにやる」という事が習慣になってしまっています。

ちなみに私自身は「忘れっぽい」という自分でも分かる程の弱点があり、この弱点を補うためにもメモを取ることは勿論ですが覚えておかなくてはならない事は「なるべく早く行動する」という事を心がけています。

まあ、他にも上げれば切りのない程弱点、欠点はありますが・・・

弱点、欠点は人間誰しもあってあたり前、本当に愚かな事は自分の弱点、欠点が自分で分からない事だと思っています。

何事も自分を正当化する前に、自分自身を正直に見つめて見ることなのですが・・・

自分の弱点を自分で認める事は本当に勇気がいる事のようです。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」

相手の事ばかりに目を配り欠点を探す前に、自分の良い所と悪い所を5つ位はいつでも即答できなければ成らないように感じます。

写真は午後から基礎の立ち上がり部分へのコンクリート打設をおこなった倉敷市上東での新築工事現場で撮影。

基礎屋さんが作業を続けてくれている間、私も基礎と土台を繋ぐアンカーボルトの位置などの確認をおこないました。

図面通りにアンカーボルトも設置されているようで確認作業もOKです。

ミスのない様に何度も確認しながら作業を続けてくれている基礎屋さんには本当に感謝です。



2011年07月30日(Sat)▲ページの先頭へ
淡々と作業をこなす事が大きな感動に・・・
今週も家づくりを通して多くの人の笑顔に出会えた一週間となり、本当にありがたい事です。

そんな土曜日は9月前くらいから改装計画のある岡山市のイタリアンレストランさんにて定例の打合せ会議に出席します。

プランも固まり、今日は電気・水道・厨房・塗装・左官・照明などの各専門業者さんを集めての施工内容説明を行います。

店舗の改装という事で休業期間を一日でも縮めるためにも前もっての打合せは入念に行っておく必要があります。

皆さんのご理解と協力をいただき今回の計画もスムーズに進んでいるので一安心です。

午後からは昨日、上棟した岡山市吉備津の現場へ屋根仕舞の工事の手伝いに出かけます。

こちらの現場は朝から当社の大工職人たちが作業を進めてくれてはいますが、何せこの暑さという事で悪戦苦闘が続いている様子・・・

しかし、淡々と工事を続ける職人たちの手により夕方には屋根の仕舞もほぼ完了。

来週からは瓦屋さんも現場に入り、予定通り瓦葺きが始めれる段取りも付きました。

本当に暑い中での作業を黙々とそして淡々と続けて、工程通りに工事を進めてくれた「しんちゃん」、「まっちゃん」、「小野くん」の三人の大工さんには感謝、感謝。

週明けからも、皆で感動としあわせの家づくりを進めていきましょう。



2011年07月29日(Fri)▲ページの先頭へ
この夏一番の暑さとの戦い
今日は私の中ではこの夏、1・2を争うほどの暑さになりました。

岡山市吉備津での改築工事現場は本日いよいよ上棟ということで朝も通常より早く出勤して現場へ向います。

前日までに敷き込まれた土台の上に柱を立て、梁や桁を組み上げていきます。

今回は屋根の形状が入母屋と呼ばれる形になるため、作業の手間もかかりますが、日本の家屋としてはやはり良い雰囲気になる屋根形状なので大工職人たちも気合が入っています。

しかし、この暑さには勝てずチョクチョク休憩を挟みながら作業をするのですが、私も夕方には完全にヘバッてしまいました。

先ほど会社に帰ってきたのですが・・・鏡を見ると顔は日焼けで真っ黒に・・・

今日は少し早めに事務仕事を切り上げ明日に備えたいと思います。



2011年07月28日(Thu)▲ページの先頭へ
みんなの気持ちを一つに家づくりに取組む
今日もやっぱり暑〜い一日となりました。

当社のスタッフも汗だくになりながら作業に取組んでくれていますが、明日は上棟。

疲れをださない様に今日は早めに帰宅して明日に備えましょう。

そんな中私は同じ庄地区でのサイクルポート新設予定のお客さんの所へ採寸に出かけます。

以前から依頼は受けていたのですが、ついついお客さんの「いつでもいいから」とのお言葉に甘えてしまって・・・

随分、遅くなって申し訳ございませんでした。

今回もサイクルポートから始まる幸せな暮らしのお手伝いを精一杯がんばりますのでお許しくださいませ。

先ずは早急に見積を提示して決定すれば迅速に工事の手配を致しますので今しばらくおまちくださいね。

今朝は一番に倉敷市上東での基礎工事現場へ向います。

こちらでは土間コンクリート打設を明日に控え、型枠組立の作業と設備屋さんに依る排水パイプの設置工事が行われています。

設備屋さんは同市内の中庄にお店を構える貝原水道さんです。

今回作業に携わってくれる大島さん(写真左)は私が初めて会ってから10数年になる熟練の職人さんです。

久しぶりに合うのですが当時と変らない笑顔で接してくれる良き職人さんです。

今回、カメラを向けると満面の笑顔を見せてくれたのは同じく貝原水道さんの職人さんで中村さん(写真右)です。

2人とも暮らす人の幸せを考え給排水設備の施工に取組んでくれる本当に頼りがいのある職人さんなので一緒に工事する仲間としてもとても安心です。



2011年07月27日(Wed)▲ページの先頭へ
悪い時があるから良い時が分かる
今日も暑い一日となりましたが、当社の大工職人たちは岡山市吉備津での改築工事現場へ土台の敷き込
みを始めています。

頑丈な基礎の上に檜材の土台を据付、明後日の上棟に備えます。

こちらの現場では明日、仮設の足場が組立される予定になっており順調に工事が進んでいます。

そんな中、私はいつもお世話になっている「なお空間デザイン室」さんの依頼で倉敷のお客さんの所へ浴室の手摺りの取付に向います。

段取り良く下準備をしていてくださったおかげで施工もスムーズに進み手摺りの取付作業も予定通りに完了。

これで暮らす人の浴室ライフが楽になってくれれば嬉しいですね。

特に何か失敗があった訳でもないのですが、今日は何かとバタバタとした一日となってしまい自分の目標が見えないままに過ごしてしまった様な気がしています。

更に午後からは今一歩テンションが上がらず無気力気味だった気がしていて反省しています・・・

「人生、悪い時もあるから、良い時が分かる」のだと自分に言い聞かせて今夜は少し残業をして今日の遅れを取り戻さなければ・・・



2011年07月26日(Tue)▲ページの先頭へ
家づくりを通して始まる人と人のつながり
今日も暑い気温の中、スタッフ一丸となり「家づくり」に励んでいます。

各自、役割りは違えど家づくりに対しての想いはひとつという事でとても嬉しく思っています。

今日も岡山〜倉敷と走り回る一日となりましたが、毎日仕事が出来ることに感謝しながら精一杯、私に出来る事を進めていきました。

そんな今日の作業の終わりに某ゼネコンさんから住宅の木製建具の金具取替えの工事の依頼を受けて現場へ調査に出かけます。

こちらの住宅は3〜4年ほど前にもリフォーム工事に携わらせていただいた事があるお宅なのですが、久しぶりのお伺いでしたが、お施主さんが覚えてくれていた事にとても嬉しく思います。

どんな形で在ろうともこうした「家づくり」を通して出会えた人とのつながりは本当にありがたく、私の中での大工職人としての幸せの形でも在るように思います。

写真は倉敷市上東でのファースの家新築現場での基礎工事の写真です。

暑い中ではありますが鉄筋屋さんが予め加工していた鉄筋を図面通りに組み立ててくれています。

明日は引き続き鉄筋屋さんの作業と共に型枠屋さんも型枠の組立のため、現場に入る予定となっていて段々と現場が賑やかになっていきます。

こちらの現場もお盆前の上棟という事で順調に工事が進み始めているようです。



2011年07月25日(Mon)▲ページの先頭へ
家のデザインと大工技術
今日は朝から以前、台所のリフォームを施工させていただいたお宅より水漏れ修理の依頼が入りバタバタとした一日を過ごす事になりました。

キッチンの水栓からの水漏れという事で水栓の取替えとなりましたが、何より毎日使う部分ではありますので修理もスピードが肝心です。

水道屋さんの早急な対応もあり午前中には取替えも終わりましたが、水、電気、ガスなどの設備はどの設備にも支障があっては暮らす人の不自由につながるので、私自身もホッとしています。

会社の加工場では当社の大工職人たちが週末に控える棟上げの物件の加工を進めてくれています。

今回は和風住宅という事で、屋根材の木材も仕上加工が必要です。

現場では見えない地味な作業ではありますが、完成したときの品質を決める重要な工程なので細心の注意を計りながら加工が進んでいます。

写真は桧材にて破風板を製作していた所を撮影しました。

先週末、幅広の破風板に使える様な桧材を材木屋さんで探してやっと見つけた木材です。

加工作業の方も仕上加工は勿論、現場での取付がスムーズに出来るよう組み合わせの加工も施して現場で取り付けるのを待つばかり。

和風住宅が減った昨今ですが、「和風の住宅は作れません」では大工として恥ずかしいばかりの話になってしまいます。

先代から受け継ぐ大工職人としての木材を見分ける力、加工技術、そして納まりなどまだまだ、私たちから更に次の世代へ継承していかなければならない事は数多くあるように感じています。

そんな古来からの技術や精神をキチンと受け継ぎながら、現代のライフスタイルに合った様々デザインの住宅をつくっていく事は今日の大工職人としての在り方だと考えています。



2011年07月23日(Sat)▲ページの先頭へ
なっちゃんの倉敷天領夏祭り・・・
今週も土曜日を向かえ一週間の締め括りとなりました。

当社のスタッフたちは某ゼネコンさんからの依頼のあった保育園への工事に出かけ、午後からは加工場で木材の加工を行なっています。

こちらは岡山市吉備津での改築工事の物件の破風板を製作、檜の30cm幅の上小節材を使用して加工してくれているようです。

そんな中、私は岡山市でのイタリアンレストランの改装工事計画のある物件へ打合せに・・・

いつもお世話になっているなお空間デザイン室の渡邉先生の図面を元に仕上材の話に進んでいきます。

こちらも今秋には工事着手となりそうで駆け足で計画を進めていくようになりそうです。

感動としあわせを感じれる工事になるよう精一杯、努力してまいりますのでどうぞ宜しくお願いします。

この後、夕方から倉敷の天領祭りに出かけてきます。

毎年の事ながら相当な人手で賑わう祭りなのですが、今年もうちの長女「ふーちゃん」、二女「なっちゃん」もOH!代官ばやし踊りに参加という事で一足先に会場に向かっているようです。

私もこの後、下の2人の子供を連れてお祭りに向いますが、やはりお祭りとなると気分も高まります。

写真は夕方、会社に来ていたうちの二女「なっちゃん」です。

彼女は今回の祭りは2回目の参加ですが、確かに去年より大きく成長してくれている姿には親としては嬉しく思える瞬間です。



2011年07月22日(Fri)▲ページの先頭へ
窓の先に夏の花が・・・
今日も暑い一日となりましたがお祭りシーズンを向かえ仕事が終わったプライベートな時間も慌しくなっています。

いよいよ明日は倉敷天領祭りという事で家の娘達も参加する「OH!代官ばやし踊り」には私も同行しようと思っていいますが・・・

娘達には練習の成果を発揮して今年も思い出に残るお祭りになれば嬉しいですね。

そんな金曜日ですが朝から倉敷市上東での基礎工事の現場へ墨出し作業に向かいます。

少し動けば汗だくになる屋外での作業ですが、何度も確認して基礎の外周に当たる部分へラインを引いて型枠の組立に備えます。

その後、総社市の材木屋さんへ家の骨組みになる構造材のプレカットの打合せに向います。

設計図を元に細かな納まりを検討しながらの打合せという事でこちらの打合せは上棟の時は勿論、その後の造作の過程から建物の完成に至るまでを考慮しておく必要があります。

構造材のプレカット担当さんの協力の元に今回もバッチリ打合せが出来たようで、こちらの作業も次のステップに進んで行きます。

写真は岡山市吉備津での改築工事現場の基礎ですが、こちらの現場もひと通り作業が終わり来週末の上棟に備えます。

台風、連日の雨、そして猛暑の中、作業を続けてくれたスタッフたちも、やっと一息つけた様子ですが・・・

明日もう一日、先日より加工を続けていた某ゼネコンさんからの依頼あった倉敷での保育園での工事に向かってもらいます。

そんな今夜は妻と子供たちは近所で行われるお祭りに出かけているようで・・・

規模は小さいながらも打ち上げ花火がこちらの祭りのメーンイベント。

私は今夜は自宅の窓から花火を見ながら明日に備えてゆっくり体を休めとかなければ・・・



2011年07月21日(Thu)▲ページの先頭へ
倉敷市上東にて基礎工事着工
朝から当社のスタッフは岡山市吉備津での基礎工事現場へ向います。

基礎工事もそろそろ終盤、あたり前ですが工程表通りに工事も進み順調そのものです。

そんな中、私は午前中から会社にてデスクワークに励みます。

今回工事が進む倉敷市上東での住宅資金借り入れは優良住宅支援制度フラット35を利用。

ファース工法という事で標準的な仕様でフラット35Sの10年間の金利優遇が受けられるのはありがたい事ですね。

こちらの物件がキチンとフラット35に対応しているかどうかの適合検査を受けるための書類作成や9月位を着工予定にしている倉敷市でのファース工法での長期優良住宅物件の工程を組立てます。

とりあえず、どちらも無事に完了し又ひとつ前に前進した気がします。

こちらの上東でのファースの家新築工事の現場の方では基礎工事がスタートしています。

掘削→床均し→砕石敷き込み→転圧と作業が進み、夕方には捨てコンクリートの打設まで工事が進みます。

先ずは明日、基礎の外周を決める墨出しと呼ばれる作業に立会いして、ミスのないよう確認してきます。

一度のミスが大きく影響してくる基礎工事だけに十分にしつこい程の確認は欠かせませんね。

私はこの後、以前、新築工事を手掛けさせていただいたお客さんのお父さんが昨夜亡くなったとの知らせを聞いてお通夜に向います。

当時、工事にお伺いさせていただいた頃は本当にお元気だったのですが・・・



2011年07月20日(Wed)▲ページの先頭へ
3姉妹いよいよ夏休みに突入
台風が過ぎ去った岡山ですが、当社の現場では台風による被害がなかったのが幸いです。

屋外での工事は2日間ほど空いてしまいましたが、今日から気を取り直していきましょう。

そんな中、倉敷市上東でのファースの家新築工事現場では基礎工事の準備が始まり、明日から本格的な基礎工事になるのですが、その下準備を高谷建設の職人さんが進めてくれています。

岡山市吉備津での改築工事現場も基礎工事が着々と進みます。

こちらの現場では当社のスタッフたちが基礎の天端を水平にする調整工事が進みます。

日曜からだと3日間空いた現場に活気が戻り目標の棟上に向かって進みだした事に一安心です。

そんな中、以前から計画していた倉敷市でのファースの家新築計画のお客さんの物件も急ピッチで進みだし、この秋くらいの着工めざし先ずは書類の製作に励みます。

その後、来月着工予定の岡山市での学習塾新築工事の工程を組みますが、こちらの物件は学習塾のオープンの日時が決っているだけに困難を極めます。

しかし他の現場との職人さんの日程を考えながら夕方にはやっと工程表が完成。

こちらも念入りな準備をして工期が伸びないような準備を今から始めていかなくては・・・

今日から家の3姉妹達も夏休みに突入です。

いつもは静かな朝の食卓も今日から賑やかな時間となっています。

写真は家の三女「みーちゃん」です。

彼女もこの長い休みの間に「夏休み」だからこそ出来ることを見つけて大きく成長してくれる事を祈っています。



2011年07月19日(Tue)▲ページの先頭へ
使う人への配慮を考えて
台風の予期なのでしょう、雨、風共に荒れた天気になった倉敷市です。

そんな一日のスタートは工事中の現場の台風対策に追われる午前中になりましたが、当社スタッフの素早い対応のおかげで午前中には台風対策も万全です。

そんな中、岡山市で計画しているイタリアンレストランの改装工事の打合せに出かけます。

建築士さんと厨房屋さんを交え現在のプランの説明をしていきます。

平面プラン、厨房の配列プランは大まかな所はOKですし、構造躯体の補強の方向性も見えてきましたし着実に計画が前進している事を確信。

入念な打合せを重ねて後悔のない改装計画になるよう努力していきますので宜しくお願いしますね。

写真は某ゼネコンさんの依頼で倉敷の保育園での格子を大工職人たちが製作している所です。

杉材を使っての格子を製作しています。

軽くて丈夫な杉材の特性を生かした造作で使う人たちへの配慮が、材料からも作業内容からも感じれる所は作る私たちにとっても嬉しい事です。

こちらも土曜日には現場での取付という事で製作作業も急ピッチで進んでいます。



2011年07月18日(Mon)▲ページの先頭へ
良いと悪いは裏と表

生憎の雨の降るスタートとなった週明けの月曜日です。

予定していた倉敷市上東でのファースの家新築現場の基礎工事着手は順延となってしまいました。

天気予報では明日も怪しい予報が出ていますがし、工程を表では予備の日数も計上しているので残りの期間で十分に施工可能でしょう。

岡山市吉備津での基礎工事の方も今日の雨でお休みをいただいています。

両現場とも、雨上がりを待って最高の工事を進めていきますのでご理解ください。

今日の雨を良いとするか悪いと捉えるか・・・

何事も良い時もあれば悪い時もあり、本当にそれだから面白いのでしょう。

悪い時ばかりが続いているもは勿論、良い時ばかりが続いていても、良い事があたり前になると「良い」が「普通」と思えてくるのが人の性。

悪い時を知っているから良い時が分かる。

全てをありのままに受け止め明日が今日より少し良くなる、そんな努力を続けていきたいものですね。

写真は昨日の日曜日に倉敷の美容院さんで製作中のスロープの製作中を撮影、今日の雨を予測して左官さんが日曜日に工事させていただき午後には無事に完了です。

予想以上の出来栄えにスロープから始まる、住む人の新しい物語に期待です。



2011年07月16日(Sat)▲ページの先頭へ
健康であることの幸せ
まさに夏日といった陽気の倉敷市ですがとにかく現場は暑いです。

午前中にスロープの新設をしている現場ではスロープの化粧仕上げ工事が着々と進みます。

昨日、出来上がったコンクリートのスロープの上に樹脂性の板材を等間隔で並べます。

その板と板の間をモルタルで左官さんが埋めていきスロープの最終仕上を進めていきますが、どうにも今日一日ではしんどい様で施主さんに了解をいただき明日もこちらの現場は作業が進みます。

暑い中での作業になりますので熱中症には十分気をつけて無理のないよう作業を進めましょう。

写真は岡山市吉備津での基礎工事現場。

当社のスタッフたちがカンカン照りの日差しの中、基礎の型枠を組み立てていきます。

こちらも夕方には立ち上がり部分のコンクリートを流し月末の棟上げに向けて着実に工事が進んでいます。

私はこの後、庄地区の夏祭りの手伝いに会場へ向います。

夕方になっても気温の下がらない倉敷ですが、祭りとなると仕事とは又違った雰囲気での時間を過ごす事になります。

何にしろこの暑さ、自己の体調管理には十分気をつけ週末の残り少ない時間を過ごしていかなくては・・・



2011年07月15日(Fri)▲ページの先頭へ
世界で一つのオリジナルの家づくり
今日が金曜日だと先ほど気が付き「明日は土曜だ」とビックリしています・・・

日曜日の記憶は有るものの月・火・水・木曜日の4日間は何処へ行ったのか?とブログを読み直してしまいます。

子供の頃には一週間がとても長く感じていたのに、この歳になると一週間がこんなに短いものかと考えこんでしまいます。

そうして考えると10年前から現在までの10年間と今日からの10年間は同じ時間ですが、全く違うものだと割り切って明日に臨まなければ10年後には間違いなく後悔してしまいそうです。

そんな今日の一日は朝一番より先日まで工事させていただいていた岡山市庭瀬での現場へ追加でいただいた工事の施工に設備屋さんと電気屋さんが向かってくれます。

現場で一通りの工事内容の説明と注意事項を伝え、すぐさま会社へ戻り先日いただいた倉敷市内でのオール電化への設備機器の取替え工事の見積書を作成しに戻ります。

午後からは倉敷市大内での美容院さんでの屋外のスロープ設置工事の現場へ向います。

土工さんがスロープの下地のコンクリートを流してくれました。

店舗の入口という事でコンクリートだけでは味気ないので、後は仕上げの化粧材を施していき、世界に一つのオリジナルスロープが完成します。

もう数日、ご不便をおかけしますが今しばらく工事完了をお待ちくださいませ。



2011年07月14日(Thu)▲ページの先頭へ
逃げ出さずに取組むことに意味がある
今日は一日会社にこもりデスクワークに励みました。

昨日、見つけた問題を早速、具体的に知るために過去を降り返るというここ数年には無かった作業なだけに心身共にクタクタです。

一日中、パソコンに向かい書類の睨めっこという私自身は好きではない作業ですが嫌いだからと言ってやらない訳にはいきません。

私自身の体験から考えると「嫌な事の後には必ず良い事が付いてくる」事が大様として多い気がします。

もう少し時間はかかりそうですが「嫌」から逃げ出すことなく正面からぶつかり未来へつなげていけるようがんばります。

とは言うものの明日は現場での作業が予定されているので、気分転換には丁度良い気がしています。

写真は会社から夕日の落ちる所を撮影しました。

落ちていく夕日のようにどんな一日でも必ず終わりがあり、そして明日が待っています。

決して逃げ出すことなく目の前の問題に取り組んでいけば必ず解決する・・・

甘い考えかもしれませんが、そう思い続けて決して努力を怠る事なく明日をむかえなければ・・・



2011年07月13日(Wed)▲ページの先頭へ
自分に見えない物が見えた時に・・・
今日も晴天に恵まれた倉敷市となり、本日から工事が始まる介護保険サービスを利用してのスロープ設置工事が順調にスタートです。

短い期間での工事となりますが、使う方が少しでも幸せに感じれる工事になるようがんばりますので宜しくお願いします。

その後、岡山市にて某検討会に出席してきました。

色々なデーターや話を聞く事で自分では見えなかった部分が見えてきたような気がします。

これは早速、改善する方向に修正して今後の「家づくり」に役立てて行ければ、もっと大きな感動と幸せにつながっていくように思えてワクワクします。

午後からは会社に戻りデスクワークに励みます。

今月から工事が始まる物件の協力業者さんとの工事契約書を作成しスムーズな工事進行を計画していきます。

多くの協力業者さんの力を一つにしてまた新しい感動としあわせにつながる家づくりを一棟、一棟進めて行きたいと思います。

写真は倉敷市上東でのファースの家新築工事現場にて地盤改良のプロフェッショナル、岩水開発さんの地盤補強工事が順調に進んでいます。

しっかりとした基礎を支える補強が施工されていて、その上に家を建てる私たちも安心です。



2011年07月12日(Tue)▲ページの先頭へ
今日が幸せだと感じなければ・・・
夕方のこの時間になると、岡山市吉備津での基礎工事で猛暑に照らされ真っ黒に日焼けした当社のスタッフたちが帰社してきます。

しかし誰もが辛い顔をすることなく日報の記入をしてくれています。

あたり前に思う日々の出来事が余りに日常になりすぎてしまわないように仕事のあった今日に感謝したいと思います。

現在、物が溢れる程にある私たち日本人。

毎日、3食、ご飯が食べれる事。

毎日、お風呂に入り屋根の下で寝れる事。

毎日、学校に行ける事。仕事がある事。

どれも、とても幸せな事である筈。

そんな不幸な時代を知らない私たちは今の生活の全てがあたり前に感じ幸せな日常の上に胡座をかき、その一つ一つに不平、不満を言い散している様な・・・

毎日、ご飯が食べれる事に・・・毎日、風呂に入れて屋根の下で寝れる事に・・・毎日、学校へ行ける事、仕事ができる事に・・・

そんな日常の「あたり前」に感謝する事をしなければならないと考えます。

ここ最近、学校教育や職場での不満、家庭の問題など多くの不満や問題を耳にする事が多く、ふと考えてみました。

今夜、昨日とは違う服を着て、屋根の下でご飯を食べれる「あたり前」な夕飯のひと時に、気がつかなければ・・・

私自身、1人の親として子供に教える最も根本的な事でもあるようです。



2011年07月11日(Mon)▲ページの先頭へ
岡山市吉備津で基礎工事着手
今日も暑い一日になった倉敷です。

当社の職人たちは岡山市吉備津での改築工事現場にて基礎工事に取りかかります。

夏場の直射日光のあたる場所での作業なだけに熱中症対策は万全に安全第一で取組んでください。

そんな中、私は今週から地盤補強の工事へ着手する倉敷市上東での新築工事現場へ仮設のフェンスを設置しにでかけます。

午前中とはいえ少し動くだけで汗が吹き出る暑さの中、黙々と準備を進めてきました・・・

まだ7月の前半なのにこんな暑さが続いては・・・と先が心配になりながらも無事にフェンスの設置も完了。

私と入れ替わりで午後からは電気屋さんが工事用の電源の設置を行なってくれたようで順調に準備が進んでいきます。

写真は岡山市吉備津での基礎工事の資材搬入時に撮影したバックホーを運転する当社の職人、しんちゃんです。

こちらも以前の建物は綺麗さっぱり撤去され、新しい建物つくり物語の第一歩を踏み出し順風満帆です。

しんちゃんの好きな基礎工事という事で暑さにも負けることなく楽しみながら施工を続けてくれています。

今月末の上棟めざし、丈夫な基礎をつくり上げていきましょう。



2011年07月09日(Sat)▲ページの先頭へ
「終わり」は新しい始まりへのスタート
今週は鋼板屋根の上に登る現場が続き真っ黒に日焼けした林俊文です。

週末の土曜日ではありましたが今日から岡山市吉備津の現場では基礎工事に着手し、当社の大工職人たちは朝から現地へ向います。

相当な気温に熱中症の対策は万全に安全第一で作業を進めてくださいね。

そんな中、先日まで工事させていただいた屋根の改修現場へ施工の最終チェックと掃除を兼ねて現場へ向います。

雨の影響を最も受ける部分での施工ということでしたので、施工中の状況は勿論、最後のチェックにも余念なく調べます。

一通り調べましたが完全な施工が出来ているようで私も一安心です。

写真がリフォーム後の屋根の状況です。

以前はカラーベスト葺きだった物を多くの職人さんの協力でガルバニューム鋼板葺きにリニューアル。

落ち着いた感じの黒色で、家も引き締まった感じに仕上がっています。

一週間ほどの工期ではありましたが、住む人の幸せにつながる屋根工事になっていると確信し、これをキッカケに末永いお付き合いよろしくお願いします。

今週は何だか長く感じる一週間でしたが、明日はしっかりと休養に勤め来週からの一週間に備えます。



2011年07月08日(Fri)▲ページの先頭へ
倉敷市から暑かった一日の終わりに・・・
絶好の晴天に恵まれた金曜日の倉敷市、今朝はいつもお世話になっている備前アルミ建材さんの依頼で倉敷市天城方面に薪ストーブの煙突設置の工事に出かけます。

当社の大工職人、しんちゃん、まっちゃんに加え板金工事のスペシャリストの藤後さんと小野さんとの4人体制での工事です。

今回は煙突を屋根に出すという事で何より重要な課題が雨漏り防止。

現地では雨漏り防止の施工方法を十分に検討した上で施工にのぞみます。

上から下へ向って流れるのが一般的な水の動きですが、風などの影響を考慮すれば水が巻き上げられる事も考えられるために2重、3重の防水加工を施します。

施工方法が決れば後は完成に向けて正しい施工をしていけば完全に雨が入る心配のない納まりにての工事と言うことで順調に作業も進んでいきます。

しかし、何よりこの暑さには参ります・・・

太陽熱で熱せられた板金部材はもの凄く熱い上に屋根からの照り返しで今日一日で顔は真っ赤に日焼けしてしまいました。

午後からはこちらの現場を離れ、岡山市庭瀬での屋根の改修工事現場にて樋の取付作業を見届けます。

本日の樋の施工でこちらの現場、明日にでも最終検査を兼ねて掃除すれば完工です。

ありがたい事に追加の工事をいただいてはいますが、追加の工事も材料が整い次第工事に移っていきますので今しばらくご猶予の程お願いします。

今日はみなさん暑い所での作業、お疲れさまでした。

今夜はしっかり休養して明日も新しい家づくり物語をお客さんの元へお届けしましょう。

しかし当分、散髪へ行っていない私の髪は酷い事になっています。

今日は少し早めに仕事を切り上げ散髪へ行っておかなくては・・・



2011年07月07日(Thu)▲ページの先頭へ
正しい施工方法で暮らす人に安心を
今日は朝から生憎の天候に見舞われ予定していた岡山市庭瀬での樋の工事は中止。

致し方ない所ですがお天道様には勝ち目もなく明日への工事順延を決定。

気を取り直し、明日の工事に備えます。

当社の大工職人たちは倉敷市広江での住宅の床の補強工事に出かけます。

元々は床が「踏むとフワフワする」との依頼を受けての工事でしたが、最初に現場を調査させていただいた時に床下を見てみると・・・

前回、工事した業者が知らずしての施工か、床を支える9cm角の松材の「束」が土の上に立っているではないですか・・・

もちろん「土」と接している部分は腐食してボロボロ・・・

この様な施工は勿論、間違った施工方法で普通は「束石」と呼ばれる石の上に建てるのが普通です。

今回はこの「束石」と呼ばれる部材を用意し、「束」の腐食した部分を切断して「束石」の上に乗せ先ずは一安心。

何より大事に至る前に気が付いて対応できた事に良かったと思えます。

その後、こちらの現場を後に倉敷市内でのマンション修繕の工事計画のある物件へ、いつもお世話になっている建材屋さんと住宅設備メーカーの方とで現地調査です。

今回の一番の悩み所はシステムキッチンの天板の取替え。

人工大理石のメーカーの商品なのですが一般に住宅で使用する物と違い、こちらのマンション用にオーダーされた商品のようです。

こういったケースは天板も完全にオーダーとなり取替えのコストが割高になる上に納期も相当かかるようです。

先ずは早めに価格を提示して依頼者の方の判断に委ねるしかありませんね。

写真は岡山市での改築計画が進んでいる現場で解体屋さんが古い建物を解体してくれている所です。

今週中には解体工事も終わり、解体した場所へ新しい建物を建てるため来週からは基礎工事に移っていきます。

多くの人の協力のおかげで何より順調に工事が進んでくれている事に感謝です。



2011年07月06日(Wed)▲ページの先頭へ
ビールを美味く飲める幸せ
今日も絶好の晴天に恵まれ、岡山市庭瀬での屋根改修工事には板金屋さんが登場。

昨日までに準備しておいた屋根の補強を含めた下地の上にガルバニューム鋼板を縦葺きにて施工してくれます。

丁寧且つ迅速な施工でドンドン作業もはかどり、夕方には一通り屋根の工事も完了したとの事で一安心、こちらの現場は明日から樋の取替えの工事に進んでいきます。

そんな中、当社の大工職人のまっちゃんは岡山市でのマンションにて修繕工事に着手、老朽化した室内の扉を取替える工事を進めてくれています。

こちらも午前中には取替え完了の報告を受けて先ずは一安心です。

岡山市天神町では南イタリアンレストランさんから、ご依頼いただいたエアコンの取付工事を進めています。

こちらもお店の雰囲気を崩さないよう検討に検討を重ねた上での施工で、こちらも無事に工事が完了との報告を受けました。

現場が始まると、やはり緊張感があり工事の大小を問わず一つ一つの現場の進行が気になり無事に完工したという報告があった時には安堵感で包まれます。

明日も水島方面での民家の床の補強工事が始まります。

何事も無く工事が進む段取りをしているつもりですが、やはり新しい現場を向える前日は何とも言えない緊張感が・・・

写真は岡山市庭瀬での屋根の改修工事での写真です。

施工中は晴天に恵まれ順調に進んだ工事ですが、夕方からは雨が降り始め施主さんの方へ「雨漏り」の確認の連絡を入れたのですが無事に雨漏りもないようです。

全てが順調に進んだ一日で今夜のビールはいつも以上に美味しく飲めそうです。



2011年07月05日(Tue)▲ページの先頭へ
直接、家をつくる大工職人としての地鎮祭
昨日の夕立が嘘のように思えるほど晴渡った朝で気分も晴々とした一日の始まりになった今日。

昨日から行っている岡山市庭瀬での屋根の改修現場へ出動です。

今日は2階の屋根の下地造りに、大工職人のしんちゃん、まっちゃんと協力して作業を進めてきましたが、皆の協力もあり無事に工事も完了です。

これで工事の方は明日から屋根屋さんにバトンタッチという事で順調すぎる位に工事が進んでいきます。

午後からはこちらの現場を離れデスクワークに取りかかります。

山積みになった書類を見ながらも提出の期日の迫った書類から順に仕上げて行くしかありません。

書類作成の合間を縫って明日、明後日の工事の段取りも同時に進め必要な材料等の注文をしておかなくてはなりませんね。

そんな中、いつもお世話になっている方より工事の依頼もいただきありがたい限りで、全ての計画が順調に進むように今日は残業して書類の作成に励むしかないようです。

写真は日曜日の午前中に倉敷市上東での地鎮祭の様子を撮影。

小雨の降る中ではありますが滞りなく順調に地鎮祭を終える事ができ、来週からの地盤補強の工事に着手していけそうです。

数ヶ月前まで何も無かった所に「家」が建つ、施主さんにすれば正に一生一代の大仕事です。

その過程に携わることのできる事に感謝し、大工職人として精一杯の施工と思いやりを心に誓い今回の工事に望む覚悟が一段と固まります。



2011年07月04日(Mon)▲ページの先頭へ
お客さんの笑顔の先に幸せを感じて・・・
天気予報とは裏腹に晴天でむかえた倉敷市の月曜の朝となりました。

予定していた岡山市庭瀬での住宅の屋根の葺き替え工事現場へしんちゃん、まっちゃんと一緒に出発します。

今回はカラーベストの屋根をカバー工法にてガルバニウム鋼板へと葺き替える工事であります。

天気は良いものの午後からの予報を見れば雨が降ってもおかしくない天気という事で、今日は下屋根の下地造りに専念します。

お昼には屋根下地も出来上がり、下葺き材も施工さらにその上からシートで覆って養生します。

ポツポツと雨が降り始めた事もあり、午後からは岡山市吉備津での基礎工事に備え資材の運搬など、雨が降ってもできる作業を進めます。

夕方には土砂降りとなった倉敷ですが、明日は天気が回復してくれる事を祈るしかありません。

写真は先週の金曜日から催していた都窪郡早島町でのFASリフォームの竣工お披露目会でのワンショット。

左が施主さんで王田政子さん、右がいつもお世話になっているなお空間デザイン室の渡邉尚敏先生です。

今回は施主の王田さんの知人や友人などを招いてのお披露目会ですが、3日間で来場者は100人を超えていたのではないかと思わせる程の盛況ぶり。

そんな中で私たち以上に来場者の方に「ファースの家」の事を上手に分かりやすく説明してくれた王田さんには本当に感謝、感謝。

今回のFASリフォームを計画した時、王田さんの一言一言を聞き王田さんの想いを図面に描いてくれた渡邉先生。

その図面から王田さんの想いを感じ取り、家という形に変えた当社の大工職人や今回の家づくりに携わった多くの専門業者の職人さん。

現場には顔を見せることのなかった、現場から離れた場所で今回の家づくりを支えた数多くの関係者の人たち。

この日の王田さんの笑顔はそんな数多くの家づくりに携わった人たちの努力の結晶でもあるようで、彼女の笑顔がとても美しく輝いて見えた事は私たち林建設の幸せの形だと強く感じています。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全299件


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年12月
       

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:147
昨日:221
累計:1,669,177