感動としあわせの家づくり物語 - 2012/01/12

生活・仕事・想いについて




[PR]



2012年01月12日(Thu)▲ページの先頭へ
家族が伸び伸びと暮らせる家とは?
今朝は朝から昨年、竣工を向えた倉敷市でのファースの家へメンテナンスに出かけます。

ここ数件、当社の施工するファースの家でも消費電力削減の効果を期待してエアコン一台での暖房に取組んでいます。

そんなファースの家に搭載しているエアコンは寒冷地でも暖房効果が十分に期待できるエアコンなのですが、今回はエアコン室外機から流れでる水のドレンが凍ってしまい室外機の底から水がポタポタと垂れてしまっていました。

これは早速、対策を考えますので今しばらくお待ちくださいね。

このエアコンを24時間連続運転させるのですが、色々と説明はしていたものの竣工当時はお客さんは電気代が高いのでは?と気にしていたのですが・・・

しかし、ここ2ヶ月ほど生活して電気代が思った以上に安かった事には大いに喜ばれていました。

ついでに家の外溝のプランを考えて欲しいとのお話もいただきましたが、こちらも家に負けない素敵で使い勝手の良い外溝プランを計画しなくては・・・

人が家で暮らす限り延々と付いてくる電気代だからこそ月々のランニングコストを抑えて快適な暮らしを実現できるような取り組みが必要ですね。

今日は全国的に寒い朝を向えたようで、自宅のファースコントロールパネルの外気温は氷点下2℃。

それでも私の自宅もファースの家なので全館22℃とポカポカとして、薄手のシャツでも十分なのですが・・・

この時期は子供達が学校に登校する前に「今日、外は寒い〜?」と聞いてくるのが日課です。

冬なのだから寒いのはあたり前と思うでしょうがファースの家での暮らしが長くなると、こんな寒い日でもついつい薄手の格好で外に出てしまいそうになる事もしばしば・・・

しかし家の中は何処も暖かいので暖房を効かせた部屋などに篭る事がなく子供達も自由に家中を走り回れる所も良い所のようでもあるようです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年1月
12
       

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:28
昨日:112
累計:1,681,384