感動としあわせの家づくり物語 - 2012/02/14

生活・仕事・想いについて




[PR]



2012年02月14日(Tue)▲ページの先頭へ
建築現場は最大の営業所の意味を・・・
昨日に引き続き雨の降り続く倉敷ですが昨日の雨がこたえたのか?体温計の呼称なのか?朝からおかしい状態ですが、何にしろ今日も岡山市北区での某施設さんの作業棟のトイレ改修現場へ出発です。

しかし、雨が降って悪い事ばかりでもなく岡山市で外装の改修工事を担当してくれている「まっちゃん」、「しんちゃん」もこの天気では外装工事は無理との事で、こちらの現場へ応援に駆けつけてくれました。

3人がかりでの作業に2日間予定していた木工事も今日でほぼ終了。

午後からの左官工事も捗り現場はスムーズに進んでいますし、こちらの施設さんから次の工事の依頼もいただくことができ本当にありがたい限りです。

私たちの仕事を実際に見て、また今度も林建設に工事を頼もうと思ってくれた事が何より嬉しいことでもあります。

こうして営業マンのいない当社ですが、現場は最大の営業所でもあるようで多くのお客さんが何度も工事を依頼してくれる事に感謝です。

無理して新品のスーツを着て綺麗な言葉で説明するより、作業服でも良いですし言葉が少々雑でも良いので手を汚してお客を想い懸命に説明する姿が何より大切な事に気が付きます。

現場に立ち作業をすれば設計図にも打合書にも書いていない何よりお客さんのための家づくりの方法が見つかるもの。

明日からも今の自分達のスタイルを大切に一棟、一件を全力を持って真摯に家づくりに取組んでいく事を改めて胸に刻まなくては・・・

写真は今日の大工工事をしてくれている「まっちゃん」、「しんちゃん」です。

トイレの改造なので決して綺麗な現場ではありませんが、2人とも床に手を付き作業を全力で行ってくれています。

きっと彼らはそういった林建設のスタイルをきちんと理解してくれるているのでしょう。

そんな「まっちゃん」、「しんちゃん」には私も本当に助けられているようで彼らの作業する姿には毎回、毎回、感謝です。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年2月
     
14
     

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:86
昨日:170
累計:1,692,045