感動としあわせの家づくり物語 - 2012/03/09

生活・仕事・想いについて




[PR]



2012年03月09日(Fri)▲ページの先頭へ
人が2人以上になった時こそ・・・
今日は生憎の雨でスタートした一日になりましたが、雨だから悪いと言う訳でもないようです。

総社市での住宅リフォーム現場はいつもは私と「しんちゃん」での大工工事が続いていましたが今日からは「小野くん」も駆けつけてくれました。

更に岡山市北区での外装改修の工事をしている「まっちゃん」も雨という事でこちらの現場を手伝いに来てくれ4人がかりでの大工工事となりました。

流石に4人での作業となると早い、早い!見る見るうちに床の下地が出来上がっていきます。

水道工事に入ってくれた貝原水道の職人さんも上手く床下の給排水管の布設、立上をすませてくれ作業は順調そのもの。

明日はユニットバスの組立も行われる手筈になっており段々と部屋の形がイメージし易くなりそうですね。

さて写真は久しぶりに4人揃っての作業という事で記念に撮影。

床を組み立てるという作業に4人が4人、自分の役割りをキチンと理解しての作業に工事スピードも最高速。

実は大工の仕事はひとりでするのが一番儲かると言うのがこの業界の定石。

もちろん、人間誰しも全く同じ考えでは無いですし、仕事へ取組む姿勢も一人、一人様々なのですが・・・

何事にしても人が二人以上になると色々な問題が起きる割合が多いような気も・・・

しかし、ひとつのチームとしてキチンとした理念の下に役割りを分担して個々の力を100%発揮できれば全体では150%の力が出るものなのですね。

今日は一緒に仕事してくれた大工さん達の作業する姿に改めてチームワークの素晴しさとチームが一つになって動けた時の力の偉大さを再確認できる一日になったようです。

こうした彼らと一緒に仕事ができる自分は幸せ者なのでしょう。

さて、明日も皆の力を借りて暮らす人の感動としあわせの家づくり物語になるべく作業を進めていかなくては・・・・



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年3月
       
9

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:151
昨日:221
累計:1,669,181