感動としあわせの家づくり物語 - 2012/04/05

生活・仕事・想いについて




[PR]



2012年04月05日(Thu)▲ページの先頭へ
暮らす人の色々な問題を解決できる大工職人になれるよう・・・
今日の午前中は会社にてデスクワークに取組みます。

午前中に一気にたまりはじめた見積依頼の書類をまとめリフォームや修繕計画のある物件を一件づつ丁寧にこなしていきます。

そんな中、先週実家の屋根の塗装の塗替え見積をご依頼くださったお客さんが当社に見積書を取りに立ち寄ってくれました。

いつも気さくに会話してくれる、こちらのお客さんは実は当社のファースの家、第一棟目のお客さん。

大変ファースの家を気にいってくれているようで当社のイベントなどにはいつも参加してくれる上に時々、こうして仕事の紹介などもしていただき毎回、毎回のことながら日々感謝しています。

写真は午後からは岡山市の某マンションへ扉の修理の依頼を受けて現地を調査した時のもの。

風に煽られ木製の扉が部分的にずれているようですが調査の結果、新しいものを作らなくとも何とか修理で間に合いそう。

こういった点はメーカーの既製商品に比べ、昔ながらの建具屋さんのつくった建具は融通が効くようです。

その後、別のマンションにて先日の風でベランダのお隣との境の壁が壊れたとの部屋が4部屋ある事で間境のパネルの作り替えの依頼がありましたが、こちらは現状の寸法と写真にて見積できそう。

マンションの高層階だと先日の風で色々と被害が出ているようですね。

どちらの物件も早めに見積書をつくり修理や取替えへと順序よく進んでいけるように頑張りますので暫くのご猶予をお願いしますね。

さて、その後は岡山市南区での学習塾増築の現場で大工工事に汗を流します。

こちらの物件もGW前の竣工を目指し順調に工事が進んでいるようです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年4月
5
         

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:74
昨日:86
累計:1,695,772