感動としあわせの家づくり物語 - 2012/05/10

生活・仕事・想いについて




[PR]



2012年05月10日(Thu)▲ページの先頭へ
機能性を求める先にある「美」
絶好の晴天の朝をむかえた倉敷市。

今日もスタッフ全員で協力しながら「家づくり」に励みます。

「しんちゃん」、「小野くん」のふたりの職人たちは昨日に引き続き倉敷市の住宅増築現場にて基礎工事に取りかかってくれています。

現場を覗けばふたりとも額に汗をかきながらも懸命に作業に取り組んでくれている様子に強固な基礎の完成が期待できます。

そんな中、私と「まっちゃん」、「松下くん」とで今日はGW前にエコキュートの設置をさせていただいたお客様の家へ追加でいただいた雨樋の取替え工事に向います。

前日までに仕入れていた部材を使いドンドン雨樋を交換していきます。

足場で届かない場所はいつもお世話になっている電気工事店の至道電工舎さんにて高所作業車を借りて雨樋の取替えを進めていき午前中にて殆ど雨樋も取替えれました。

午後からは「まっちゃん」、「松下くん」に倉敷での外溝エクステリア工事現場にてブロックの上に作る目隠し板の柱を取付。

私は、電気屋さんと共に岡山市南区での学習塾増築現場へ向いお客さんが用意してくれた照明器具の取付を行って参りました。

どの現場もスタッフや協力業者の方の大変なご協力もあり順調に工事が進んでいる様子に感謝、感謝。

明日は久しぶりに新規にスタートする工事の予定もなので、落ち着いて進行中の現場作業に取組まなければなりませんね。

写真は「まっちゃん」が雨樋の取替え作業をしている所を撮影。

糸を使って水が流れる勾配を計算しながらも、真っ直ぐに軒樋を取り付けてくれています。

雨樋の「水を流す」という機能を最大限に発揮できる施工をすれば自ずと真っ直ぐに綺麗に雨樋を取付する事になるものなのです。

何事もその物の機能を最大限に求めれば仕上りは美しく見えるようです。



   


林 俊文の想い

幸せの感じれる家づくりのお手伝いのできる大工職人として・・・

あたりまえの幸せを感じさせてくれる3姉妹&末っ子長男の4人の成長を願う父親として・・・

妻・両親をはじめ、様々な形で私に関わってくれる多くの人たちに日々感謝しています。

こんな多くの人と接する事のできる幸せを感じながら、自分の人生に悔いを残すことなく夢を追いかけていきたいと思います。

いつの日か私の大工職としての技術と想いを受け継いでくれる人が現れる時まで・・・

そして私が手がけた家が私が大好きな街でもある岡山・倉敷の街並みを少しでも彩ってくれるその時まで・・・


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年5月
   
10
   

アーカイブ
2008年 (46)
10月 (16)
11月 (24)
12月 (6)
2009年 (85)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (8)
6月 (11)
7月 (8)
8月 (4)
9月 (12)
10月 (5)
11月 (8)
12月 (10)
2010年 (277)
1月 (11)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (26)
12月 (25)
2011年 (299)
1月 (22)
2月 (24)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (23)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (26)
12月 (25)
2012年 (144)
1月 (22)
2月 (25)
3月 (27)
4月 (25)
5月 (24)
6月 (21)

アクセスカウンタ
今日:117
昨日:190
累計:1,662,919